【ランキング】甲子園出場校2018の野球部員数一覧|朝日新聞から

【ランキング】甲子園出場校2018の野球部員数一覧|週刊朝日から

朝日新聞(8月4日)から部員数を引用した。

  • 最多部員数は、花咲徳栄の163人。
  • 最小部員数は、智弁和歌山の34人。


「スポンサーリンク」


【北北海道・旭川大高(9年ぶり8度目)】
62人

【南北海道・北照(5年ぶり4度目)】
59人

【青森・八戸学院光星(2年ぶり9度目)】
118人

【岩手・花巻東(3年ぶり9度目)】
120人

【秋田・金足農(11年ぶり6度目)】
48人

【山形・羽黒(15年ぶり2度目)】
76人

【宮城・仙台育英(2年連続27度目)】
121人

【福島・聖光学院(12年連続15度目)
116人

「スポンサーリンク」


【群馬・前橋育英(3年連続4度目)】
70人

【栃木・作新学院(8年連続14度目)】
92人

【茨城・土浦日大(2年連続4度目)】
91人

【北埼玉・花咲徳栄(4年連続6度目)】
163人

【南埼玉・浦和学院(5年ぶり13度目)】
100人

【東千葉・木更津総合(3年連続7度目)】
60人

【西千葉・中央学院(初出場)】
80人

【東東京・二松学舎大付(2年連続3度目)】
64人

【西東京・日大三(5年ぶり17度目)】
71人

【北神奈川・慶応(10年ぶり18度目)】
105人

【南神奈川・横浜(3年連続18度目)】
66人

【山梨・山梨学院(3年連続8度目)】
74人

「スポンサーリンク」


【長野・佐久長聖(2年ぶり8度目)】
160人

【新潟・中越(2年ぶり11度目)】
94人

【石川・星稜(2年ぶり19度目)】
77人

【富山・高岡商(2年連続19度目)】
72人

【福井・敦賀気比(3年ぶり8度目)】
88人

「スポンサーリンク」


【静岡・常葉大菊川(2年ぶり6度目)】
84人

【東愛知・愛産大三河(22年ぶり2度目)】
71人

【西愛知・愛工大名電(5年ぶり12度目)】
52人

【岐阜・大垣日大(2年連続5度目)】
49人

【三重・白山(甲子園初出場)】
56人

【滋賀・近江(2年ぶり13度目)】
104人

「スポンサーリンク」


【京都・龍谷大平安(4年ぶり34度目)】
95人

【北大阪・大阪桐蔭(2年連続10度目)】
63人

【南大阪・近大付(10年ぶり5度目)】
65人

【東兵庫・報徳学園(8年ぶり15度目)】
113人

【西兵庫・明石商(初出場)】
129人

【奈良・奈良大付(初出場)】
100人

【和歌山・智弁和歌山(2年連続23度目)】
34人

「スポンサーリンク」


【岡山・創志学園(2年ぶり2度目)】
98人

【広島・広陵(2年連続23度目)】
130人

【鳥取・鳥取城北(3年ぶり5度目)】
135人

【島根・益田東(18年ぶり4度目)】
138人

【山口・下関国際(2年連続2度目)】
51人

「スポンサーリンク」


【香川・丸亀城西(13年ぶり5度目)】
46人

【徳島・鳴門(2年ぶり12度目)】
45人

【愛媛・済美(2年連続6度目)】
54人

【高知・高知商(12年ぶり23度目)】
71人

【北福岡・折尾愛真(甲子園初出場)】
47人

【南福岡・沖学園(甲子園初出場)】
67人

「スポンサーリンク」


【佐賀・佐賀商(10年ぶり16度目)】
57人

【長崎・創成館(3年ぶり2度目)】】
123人

【大分・藤蔭(28年ぶり2度目)】
83人

【熊本・東海大熊本星翔(35年ぶり2度目)】
102人

【宮崎・日南学園(2年ぶり9度目)】
115人

【鹿児島・鹿児島実(3年ぶり19度目)】
114人

【沖縄・興南(2年連続12度目)】
125人

【スポンサードリンク】