《高川学園》野球部メンバー特集⚡️夏の甲子園2021年

高川学園 夏の甲子園2021年

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手

夏の甲子園2021年 高川学園 野球部 ベンチ入りメンバーを徹底特集!

◆夏の甲子園=5年ぶり2回目|山口県大会の結果

◆地方大会成績:スポーツ紙評価:A=0、B=1、C=3。打率:.387(10位)、平均得点:8.2点(19位)、本塁打:1本(32位)、盗塁数:15個(13位)、平均犠打数:4(1位)、平均失点:1点(8位)、平均失策数:0.8(31位) ※カッコ内(出場校順位)

◆”優勝の原動力”は、左腕エース河野颯(はやて・3年)だ。夏の山口大会で、全5試合を一人で投げ抜いた鉄腕サウスポーだ。初戦となる2回戦・下松戦から決勝までの全5試合39回を投げて、奪三振42・失点5と圧巻の投球成績を残した。70キロ台のスローカーブ、最速140キロ台のストレートと緩急自在の投球が持ち味だ。

◆攻撃面は、チーム打率.387(10位)、平均得点8.2点(19位)、5試合中4試合で2桁安打を記録するなど好調。4番の立石正広(3年)は、打率.412、チームトップの打点8を記録。決勝・宇部鴻城戦では、2ラン本塁打(高校通算10本)を放った。

◆注目すべきは、盗塁数15個(13位)、1試合平均犠打数4個(1位)の実績だ。機動力と堅実な野球を展開する。夏の山口大会では、全試合で固定の9人がスタメン出場・フル出場している(選手交代なし)。

◆参考:2019年の準々決勝・宇部鴻城戦に、当時1年生で先発した先発した河野は、4回までに2本塁打を浴び、3失点で降板。チームは延長戦の末に敗れた。(16年に初めて高川学園を夏の甲子園に導いたのは、現ヤクルトの山野太一投手。河野が”ここ一番の試合で使うグラブ”は、中学生の時に山野からもらったものだという)

◆チームには「来客対応」「道具管理」など8つの部署制度があり、チーム組織力と自主性を高める取り組みを行う。部署「農業」では、11人が自ら草地を耕し草取りを行い、スイカやトウモロコシを畑で育てているという。



夏の甲子園ベンチ入りメンバー2021年

==背番号・名前・学年・投打・出身中学==
01 河野颯   3年  左左  高川学園(山口)

02 山崎帆大  3年  右右  高川学園(山口) ◎
03 隅田玄   2年  右右  忠岡(大阪)
04 山見拓希  2年  右右  高川学園(山口)
05 立石正広  3年  右右  高川学園(山口)
06 山大輝   2年  右左  榛腹(奈良)
07 田口哉斗  2年  右左  高川学園(山口)
08 中村賢紳  3年  右左  高川学園(山口)
09 源卓    3年  右右  熊取南(大阪)
10 松川雄登  3年  右左  岸和田・北(大阪)
11 松村修宏  3年  右右  常澄(茨城)
12 磯村圭吾  3年  右右  高川学園(山口)
13 藤田健佑  3年  右右  高川学園(山口)
14 中野天嗣  3年  右右  八田荘(大阪)
15 井上心太郎 3年  右左  高川学園(山口)
16 福井幸大  3年  右右  篠山東(兵庫)
17 黒松叶豊  3年  右右  香芝西(奈良)
18 竹井希宙  2年  右右  泉南(大阪)
※野球部員数:72人、◎:主将 

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手



夏の甲子園2021年 戦歴・結果

◆8/22(日) 高川学園(山口) 3-4 神戸国際大附(兵庫) ※2回戦 
高川学園・・|000|030|000|=3
神戸国際大附|200|000|20x|=4

——————————————
⭐️見どころ⭐️◆神戸国際大附属は、初戦で北海に2-1で勝利。2回表に9番川西のスクイズと2番山里宝の2塁打で2点を先制。先発した二刀流の阪上が5回を5安打・死球1・奪三振2、楠本が残る4回を被安打4・死四球0・奪三振3と、共に2投手が好投した。特に山里宝が5打数3安打、3本が全て2塁打と活躍が光った。一方の高川学園は、初戦で小松大谷に7x-6で勝利。最大5点差を跳ね返し、9回裏には押し出し四球を選びサヨナラ勝利。終了時間は9:40(=甲子園史上最遅)だった。4番 立石正弘は2ラン本塁打を含む4打数2安打3打点と活躍。また、山口大会を1人で投げ抜いたエース河野は序盤に6失点を喫するも、5回以降は1安打に抑え、被安打7・死四球3・奪三振4で完投した。

⭐️試合結果⭐️神戸国際大附が4-3で勝利。二刀流の背番号9 阪上翔也が9回を1人で投げ抜き、被安打6・与四死球4・奪三振8と力投(142球)。打っては、1回裏に右中間スタンドに飛び込む先制2ラン本塁打(通算32号)、7回裏には勝ち越し打と投打で活躍が光った。攻撃陣は、1点を追う7回裏に、8番川西が2塁打で出塁し犠打で送ると、代打に送られた背番号15 勝木力輝斗がセンター前に同点タイムリーを放つなど少ないチャンスを確実にものにした。一方の高川学園は、左腕エース河野が強打を誇る相手打線を抑え、被安打7・四死球3・奪三振5で完投。山口大会の全5試合、初戦・小松大谷戦も含めて、この夏は全試合・全イニングを1人で投げ抜いた。攻撃陣は、5回表に8番山見の2塁打で1点、1番山大輝のランニング2ラン(=正式記録は安打とライト失策)で3点を奪った。初回に無死1・3塁のチャンスを作るも無得点と、序盤に流れを引き寄せられなかった。


◆8/15(日) 小松大谷(石川) 6-7x 高川学園(山口) ※初戦
小松大谷|103|110|000|=6
高川学園|000|410|011|=7x

——————————————
⭐️見どころ⭐️小松大谷は36年ぶりの夏。1番僧野が打率.550・最多8打点、4番奥野が打率.471・本塁打2本と好調だ。エース北方と背番号9吉田の2枚看板に安定感があり、全5試合で3点以上の得点を許していない。一方の高川学園は、大会屈指の左腕河野に注目だ。山口大会を一人で投げ抜いた鉄腕で、全5試合39回を投げて5失点。出場投手中5位の”42奪三振数”を持つ。攻撃は、打率.387(10位)、盗塁15個、1試合平均犠打数4(1位)と手堅い野球が持ち味だ。全試合で固定の9人がフル出場。

⭐️試合結果⭐️高川学園が7x-6(9回サヨナラ)で勝利。終了時間は、9:40(=甲子園史上最も遅い試合終了時間)。試合は、高川学園が最大5点差を跳ね返しての勝利。4番 立石正弘が5点差で迎えた4回裏に2ラン本塁打を放って反撃の狼煙をあげると、5回裏には1点差に迫るタイムリー3塁打など4打数2安打3打点と活躍。投げては、エース河野が5回までに6点を奪われるも、5回以降はヒット1本に抑え、9回を被安打7・死四球3・奪三振4と力投した。一方の小松大谷は、東出・吉田の安打などで序盤に6点をリード。投手陣は、エース北方、吉田、2年生の岩野が登板した。岩野は7回裏から登板し、ピンチを背負いながら力投するも、9回裏に先頭を含め2者を四球を出した場面で降板。ライトを守っていた吉田が急遽、再度マウンドへ。先頭を四球で出すと1死満塁の場面となり、ここで高川学園の1番山大輝が粘りに粘り、最後は押出四球を選んで7x-6でゲームセット。

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手



夏の山口大会2021年 成績データ

◆スポーツ紙評価:A=0、B=1、C=3
◆打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.387(10位) [平均.351]
・得点   :41点(24位) [平均43.9点]
・平均得点 :8.2点(19位) [平均7.9点]
・本塁打  :1本(32位) [平均3本]
・平均本塁打:0.2本(34位) [平均0.5本]
・盗塁数  :15個(13位) [平均10.9個]
・平均盗塁数:3個(8位) [平均2個]
・犠打数  :20(4位) [平均14.1]
・平均犠打数:4(1位) [平均2.5]
◆投手/守備力==============
・失点   :5点(7位) [平均10点]
・平均失点 :1点(8位) [平均1.8点]
・失策数  :4(28位) [平均3.6]
・平均失策数:0.8(31位) [平均0.7]
◆参考データ===============
※試合数:5試合
※部員数:72人(27位) [部員数ランキング]
※[平均]:出場49チーム平均

【甲子園出場選手 個人成績ランキング特集】
◆投手部門=========
・河野颯(3年):奪三振数 42:5位(5試合)

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手



夏の山口大会2021年 戦歴・結果

・決勝・・高川学園 08-1 宇部鴻城
・準決勝高川学園 08-3 西京
・準々決勝:高川学園 10-0 山口県鴻城(6)
・3回戦高川学園 05-1 徳山商工
・2回戦高川学園 10-0 下松(6)

⚡️夏の山口県大会 試合結果一覧はコチラ

山口県球児の進路・進学先 2021年

山口県
下関国際 岩国商 宇部鴻城 高川学園 岩国
南陽工業 岩国総合 山口桜ケ丘 柳井商工
西京 熊毛南

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手