《作新学院》野球部メンバー特集⚡️夏の甲子園2021年

作新学院 夏の甲子園2021年

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手

夏の甲子園2021年 作新学院 野球部 ベンチ入りメンバーを徹底特集!

◆夏の甲子園=10大会連続16回目|栃木県大会の結果

◆地方大会成績:スポーツ紙評価:A=0、B=3、C=1。打率:.345(26位)、平均得点:6点(41位)、本塁打:2本(24位)、盗塁数:7個(34位)、平均犠打数:1(46位)、平均失点:1.4点(18位)、平均失策数:0.8(31位) ※カッコ内(出場校順位)

代打の切り札である背番号17 戎響葵(えびす ひびき・3年)に注目だ。決勝・佐野日大戦では、1点を追う3回に、逆転2ラン本塁打(公式戦初本塁打)を記録。前日には、小針監督に「一発で仕留めてきます」と予告。栃木大会では、代打で3打数3安打3打点(うち1本塁打)と絶好調。趣味はギターで、長渕剛の「夏祭り」などを弾くという。

◆背番号11の林拓希(3年)は、全5試合に登板し計20回をわずか1失点と好投するなどエース級の活躍を見せた。兄・勇成さん(現国際武道大2年)は、作新学院で2018年・19年に夏の甲子園に出場しており、兄弟で開催3大会連続出場を果たす。

◆投手陣はこの他、最速140キロ超えの背番号10 佐藤優成(3年)が、4試合19回を5失点と好投。背番号1の井上力斗(3年)は、6月に右足首をねんざし、栃木大会ではわずか2イニングのみの登板。聖地での復活登板が期待される。

◆打撃陣は、背番号16 平塚恵叶(3年)がチームトップの打率.429、背番号13 池沢皓平(3年)は打点4を記録するなど、”背番号2桁”選手の活躍が光った。スタメン野手全員が打率3割以上を記録し、打線には切れ目がない。全員野球で、夏は10大会連続出場の偉業を達成した。



夏の甲子園ベンチ入りメンバー2021年

==背番号・名前・投打・学年・出身中学==
01 井上力斗  左左  3年  陽西(栃木)
02 渡邊翔偉  右右  3年  上河内(栃木)
03 小口莉央  右右  3年  陽南(栃木)
04 高久雄吾  右左  3年  日新(栃木)
05 大房建斗  右左  3年  氏家(栃木)
06 相場秀三  右左  3年  山(栃木)
07 鈴木陽登  右右  3年  旭(栃木)
08 田代健介  左左  3年  国本(栃木) ◎
09 相原一真  左左  3年  清原(栃木)
10 佐藤優成  右右  3年  宮の原(栃木)
11 林拓希   右右  3年  北犬飼(栃木)
12 浜口陽介  右右  3年  鬼怒(栃木)
13 池澤皓平  右右  3年  古里(栃木)
14 守谷龍成  右右  3年  陽西(栃木)
15 柳田泰雅  右右  3年  上三川(栃木)
16 平塚恵叶  右左  3年  古里(栃木)
17 戎響葵   右左  3年  小山三(栃木)
18 寺内綾人  右左. 3年  姿川(栃木)
※野球部員数:79人、◎:主将

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手



夏の甲子園2021年 戦歴・結果

◆8/19(水) 作新学院(栃木) 7-10 高松商業(香川) ※初戦
作新学院|000|012|031|=7
高松商業|003|030|04x|=10

——————————————
⭐️見どころ⭐️作新学院は、夏は10大会連続出場。スタメン野手全員が打率3割以上を記録し、打線に切れ目がない。2桁背番号選手の活躍が光る。背番号16 平塚がチーム1位の打率.429、背番号13 池沢が打点4。この他、”代打の切り札”である背番号17 戎響葵(えびす ひびき)は、決勝・佐野日大戦で逆転2ランを放った(栃木大会では代打で3打数3安打3打点)。一方の高松商業は、香川大会では”5勝中3勝”で逆転勝ちした粘りが持ち味だ。準決勝・大手前高松戦は、4点を追う9回に7点を奪い逆転。決勝・英明戦は、最大4点差を跳ね返した。注目は、通算35本塁打を誇る浅野翔吾(2年)だ。中学時代はU15選出、中学通算55本塁打。香川大会では、打率.412・本塁打2本・打点10と圧巻の打撃成績を残した。

⭐️試合結果⭐️高松商業が10-7で勝利。(=夏25年ぶり勝利、大正~令和の4元号勝利、香川勢の春夏通算130勝目) 高松商業は、6-6の同点に追いつかれた8回裏、4番藤井陸斗が2死満塁から走者一層となるセンターオーバーの3塁打を放ち、9-6と3点を勝ち越し(これが決勝点)。4番の藤井は4打数2安打6打点と活躍が光った。このほか”2番”に起用された2年生浅野翔吾が先制点となるタイムリーを放ち、序盤に流れを引き寄せた(3打数2安打1打点と活躍)。投手陣は味方の12安打を上回る13安打を浴びるも、徳田・渡辺・坂中の3投手が継投し、粘る相手打線を振り切った。一方の作新学院は、一時は最大5点差をつけられるも、8回表には3点を奪い6-6の同点とし、9回表にも1点を奪うなど最後まで粘りを見せた。ただ、守りの面では計4失策を喫し、ミスが失点につながった。作新学院は開幕前に部員に陽性判定があり、その後は陰性を確認しての大会出場。雨天順延による日時変更も相次ぎ、様々な困難な中でこの試合を戦った。この試合はベンチ入り18人中15人が出場するなど、最後まで粘りのある”全員野球”をみせた。

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手



夏の栃木大会2021年 成績データ

◆スポーツ紙評価:A=0、B=3、C=1
◆打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.345(26位) [平均.351]
・得点   :30点(43位) [平均43.9点]
・平均得点 :6点(41位) [平均7.9点]
・本塁打  :2本(24位) [平均3本]
・平均本塁打:0.4本(21位) [平均0.5本]
・盗塁数  :7個(34位) [平均10.9個]
・平均盗塁数:1.4個(31位) [平均2個]
・犠打数  :5(46位) [平均14.1]
・平均犠打数:1(46位) [平均2.5]
◆投手/守備力==============
・失点   :7点(14位) [平均10点]
・平均失点 :1.4点(18位) [平均1.8点]
・失策数  :4(28位) [平均3.6]
・平均失策数:0.8(31位) [平均0.7]
◆参考データ===============
※試合数:5試合
※部員数:79人(21位) [部員数ランキング]
※[平均]:出場49チーム平均

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手



夏の栃木大会2021年 戦歴・結果

・決勝・・:作新学院 03-2 0佐野日大
・準決勝:作新学院 06-10 宇短大附
・準々決戦:作新学院 10-0 0那須拓陽(6)
・3回戦:作新学院 03-2 0小山
・2回戦:作新学院 08-2 0栃木

⚡️夏の栃木県大会 試合結果一覧はコチラ

(参考)2021年春季栃木県大会
・決勝・・:作新学院 10-13 佐野日大
・準決勝:作新学院 05-4 0宇都宮工業
・準々決戦:作新学院 06-1 0文星芸大附
・2回戦:作新学院 05-3 0茂木
・1回戦:作新学院 12-00 矢板中央(7)




(過去)2021年春季関東大会

5月16日(日) 作新学院 1-8 浦和学院(7回コ) ※1回戦
作新学院|000|001|000|=1
浦和学院|050|102|x00|=8
投手:浦和学院=宮城→吉田
投手:作新学院=井上→林
——————————————
浦和学院が作新学院に8-1(7回コールド)で勝利。2年生エースの宮城誇南(こなん)が6回を投げ、被安打6・四死球1・奪三振4と好投。打っては2回裏に先制打を放つなど、攻撃の口火を切る活躍をみせた。[試合経過]共にエースが先発。作新学院は3年の井上力斗、浦和学院は2年の宮城誇南(読み方=コナン、沖縄・読谷村出身、名前の由来は南の島に誇って欲しい)が先発。2回裏、浦和学院は宮城誇南のタイムリーでまず1点を先制。さらに内野ゴロの間に1点を追加すると、2番八谷と3番松嶋の連続2塁打で2点を追加。さらに4番吉田のタイムリーで1点を追加し、この回一挙5点。4回裏、浦和学院は6番藤井の2塁打で1点を追加し、6-0とする。一方の作新学院は6回表、エースで4番の井上力斗のタイムリーで1点を返す。6回裏、作新学院は先発井上から背番号7の林に投手交代。6回裏、浦和学院は5番三奈木のタイムリーなどで2点を追加し、8-1。浦和学院は7回表に先発宮城から背番号6の吉田に交代。作新学院は7回表、2死満塁のチャンスを作るも1点が奪えず、試合終了(7回コールド)。

栃木県の高校球児 進路進学先 2021年

栃木県
作新学院 國學院栃木 青藍泰斗 宇都宮工
宇都宮商 真岡工業 佐野日大 白鷗大足利
文星芸大付 矢板中央 宇短大付 宇都宮南
大田原

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手