【夏の甲子園】作新学院 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

作新学院 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号・名前・学年・出身中学
1 林勇成(3年)北犬飼(全て栃木)
2 立石翔斗(3年)足利北
3 中島義明(3年)宮の原
4 松尾翼(3年)旭
5 大河内陸斗(3年)箒根
6 石井巧(3年)小川(主将)
7 八重幡丈一郎(3年)宮の原
8 福田真夢(3年)旭
9 酒澤桂祐(3年)星が丘
10 宇賀神暁(3年)星が丘
11 三宅悠弥(3年)陽西
12 横山陽樹(2年)河内
13 鈴木蓮(2年)日新
14 桑名日向(3年)片岡
15 岸凛太郎(3年)北犬飼
16 坂主清(3年)湯津上
17 本田直暉(3年)鹿沼東
18 大久保尚輝(3年)城山



作新学院チーム紹介

栃木:作新学院(私立)9年連続15度目

<地方大会のチーム成績>
全5試合 失点14 打率.380
本塁2 盗塁13 失策4

◉チームの特長:夏の9連覇達成で聖地。今春の県大会では8強止まり。

その後、小針監督は3年全員のグラウンドの出入りを禁止。「野球以前の問題。これからは1、2年だけで戦う」と宣言。3年生は連日の話し合いを重ね、3週間後、グランドへ。

日ハムの石井一成を兄に持つ石井巧主将「1人がそれぞれ成長すれば、階段を20段上ることができる」 県5試合で53得点と攻撃力の高さを持つ。

◉学校紹介:1885年(明18)創立の私立校。生徒数3556人。野球部は1902年創部。部員数96名。甲子園は春10度、夏は15度目。第98回大会優勝。主なOBは元巨人江川卓、元ロッテ岡田幸文。所在地は宇都宮市一の沢1丁目1番41号。船田元校長。



作新学院 18-0 岡山学芸館 8月16日(3回戦)

作新学院が岡山学芸館に大勝し、栃木県勢の春夏通算100勝目を挙げ、準々決勝に進出。

打線が初回から得点を重ねると守っては林勇成が快投。7回まで無安打。8回2死から初安打を許し降板。

岡山学芸館の先発投手は、初戦で打球を顔面に受け左顔面骨骨折と診断された丹羽淳平。

作新学院は、初回1死三塁の好機で、3番中島義明が中前適時打を放ち1点を先制した。2回1死一、三塁では、1番福田真夢の犠飛で1点。さらに、3回2死満塁では、8番立石翔斗が走者一掃となる左前適時二塁打を放ち3点を追加。

岡山学芸館は4回、丹羽に代わり中川響がマウンドへ。

作新学院は4回2死二塁から、4番石井巧が左前適時二塁打で1点。さらに、5回2死一、二塁で福田が左翼フェンス際へ二塁打を放ち2点を追加した。6回1死二塁から5番横山陽樹、6番大河内陸斗の連続適時打で、さらに2点を追加した。その後も加点し18点を奪った。

岡山学芸館は8回2死からようやく初安打が出たが無得点に終わった。



作新学院 5-3 筑陽学園 8月11日(2回戦)

9年連続出場で3年ぶりの優勝を目指す作新学院(栃木)が延長戦でセンバツ8強の筑陽学園(福岡)を破った。作新学院は3年ぶりの初戦突破。

4回からは、筑陽学園・西舘、作新学院・林勇成、両先発投手の好投が続いた。迎えた、6回表、作新学院は四球からチャンスを広げ大河内陸斗(2年)の右前打で、貴重な1点を追加した。しかし、9回裏に2死から3連打を許し同点に追いつかれ延長戦に突入。

作新学院は3-3の10回表、1死三塁から3番中島義明内野手が決勝の中前適時打。さらに1点を加えて勝利した。

スポンサー リンク