《特集》宮崎商業 野球部メンバー徹底分析 センバツ2021

宮崎商業 野球部 メンバーを特集 

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手

センバツ2021年 宮崎商業 野球部のベンチ入りメンバー・注目選手・成績データなどを特集する。

秋季宮崎大会=優勝、九州大会=4強:県大会は、初戦・富島に8-0(7回コ)で撃破し勢いにのると、2回戦・小林西戦は延長11回の投手戦の末に1x-0で勝利。3回戦・準々決勝は、いずれもコールドで大勝。準決勝・宮崎日大戦と決勝・延岡学園戦は、ともに6点差をひっくり返して勝利し、優勝。九州大会では、初戦・長崎日大に8-1(7回コ)、続く準々決勝・東明館戦は、中村碧人主将(2年)の2本の本塁打などで9-3で勝利し、選抜当確。準決勝は、福岡大大濠に0-2で敗れた。

◆古豪が52年ぶりにセンバツ出場:秋のチーム成績は、打率.311(24位)、平均得点8.2点(10位)、防御率2.31(21位)、平均失点2.3点(16位)、合計本塁打6本(3位)、平均本塁打0.7本(4位)を記録。エース日高大空(2年)は秋9試合58回を投げて、防御率2.02と安定する。攻撃陣は、一発の力がある中村碧人主将(2年)などを中心に破壊力は十分だ。スポーツ6紙の評価は、Bが4つ、Cが2つ。センバツは、アポロ11号が人類初の月面有人着陸を果たし、日本では「水戸黄門」が放送開始された1969年以来52年ぶりの出場。(夏の甲子園は2008年に出場)

◆“6点差”は逆転圏内の攻撃力:宮崎大会の準決勝・宮崎日大戦では、6点をリードされる展開も、中盤に得点を重ねて、土壇場の9回裏に同点に追いつき、延長11回裏に渡辺龍樹(2年)の2ランで8x-6のサヨナラ。続く決勝・延岡学園戦は、1回表に大量6点失点するも、直後の1回裏に打者12人の猛攻で7点を挙げてすぐさま逆転。中盤に得点を重ね、14-9で勝利した。

◆野球バカ・中村碧人主将が攻撃の軸:チームメイトから”野球バカ”と称されるほどに自主練を積む中村碧人主将(2年)は、打率.375・本塁打3本・打点10を記録。勝てば選抜当確の九州大会・東明館戦では、3ランとソロの2本塁打を放った。高校通算26本塁打を誇る強打者だ。このほか、西原太一(2年)は、打率.382・本塁打2本・打点10を記録。また、渡邊龍樹(2年)は、打率.364・打点9を記録し、宮崎日大戦ではサヨナラ2ランを記録するなど勝負強い。

◆エース日髙大空に安定感:日髙大空(2年・そら)は、秋9試合58回を投げて、被安打45、奪三振44、与死四球23、失点15、防御率2.02と安定した投球を見せた。この1年間で球速を20キロ以上高めた努力家で、センバツ出場の原動力に。書道は9段の腕前を持つ。また、控え投手の長友稜太は、7試合14回2/3を投げて、失点0、防御率0.00と安定する。



宮崎商業 ベンチ入りメンバー

※最終登録選手を反映 [3/17発表分=変更なし]

 [背番号 名前 投打 学年 出身中学校]
01  日髙大空  右左 3年 宮崎 国富町立本庄
02  平松諒真  右右 3年 宮崎 宮崎市立田野
03  水谷圭佑  右左 3年 宮崎 宮崎市立久峰
04  中野瑛二朗 右左 3年 宮崎 国富町立本庄
05  渡邊龍樹  右左 3年 宮崎 綾町立綾
06  中村碧人  右右 3年 宮崎 宮崎市立東大宮 ◎主将
07  建山翔   右左 3年 宮崎 宮崎市立久峰
08  若松大雅  左左 3年 宮崎 宮崎市立東大宮 
09  西原太一  右右 3年 宮崎 宮崎市立久峰
10  西村太陽  右右 3年 宮崎 宮崎市立久峰
11  長友稜太  右右 2年 宮崎 宮崎市立住吉
12  藤澤亮陽  右右 3年 宮崎 宮崎市立生目
13  井崎真志  右右 2年 宮崎 宮崎市立宮崎
14  梶原謙臣  右右 3年 宮崎 宮崎市立赤江東
15  平野凛   右左 3年 宮崎 宮崎市立檍
16  児玉純梧  右右 3年 宮崎 宮崎市立大塚
17  宮永雅也  右右 3年 宮崎 宮崎市立東大宮
18  伊藤桔平  右左 3年 宮崎 宮崎市立宮崎
監督 :橋口光朗



秋季大会の主な成績・データ

<宮崎商業の主な成績データ|昨秋公式戦>
【回数】52年ぶり3回目(夏の甲子園=4回)
【成績】宮崎大会=優勝、九州大会=4強
【勝敗】9戦8勝1敗
【評価】A=0、B=4、C=2(スポーツ紙6紙)
【打率】 .311 / 24位 (.332)
【防御率】2.31 / 21位 (2.19)
【失点数】21点 / 16位 (22.3点)
 →平均 2.3点 / 16位 (2.4点)
【得点数】74点 / 12位 (67.4点)
 →平均 8.2点 / 10位 (7.3点)
【本塁打】6本 / 3位 (3.5本)
 →平均 0.7本 / 4位 (0.4本)
【盗塁数】14個 / 20位 (15.9個)
 →平均 1.6個 / 17位 (2個)
【失策数】9個 / 23位 (7.2個)
 →平均 1個 / 25位 (0.8個)
【部員数】52人(8人) (14位)
【生徒数】830人 (16位)
——————————————
※→平均=1試合あたりの平均値
※ (カッコ内)=全32出場校の平均値
※部員数( )=マネ数(内訳)

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手



センバツ2021 戦歴・結果

◆3月20日(土) 1回戦 [第2日目]
09:00 天理 7-1 宮崎商業      [見所]
  天理・・|020|000|410|=7
  宮崎商業|000|000|010|=1

✍️試合結果コメント
天理が7-1で宮崎商業に勝利し、2回戦へ進出。天理のエース達孝太は、161球を投じ、6安打・1失点・10奪三振の完投勝利。試合は、天理が先制するも、その後は宮崎商業の投手陣(日高大空、長友稜太)が力投。迎えた7回表に、エース達とバッテリーを組む捕手で9番の政所蒼太(達とは身長30センチ差)が、2点タイムリーを放ち、試合の流れを引きつけた。一方の宮崎商業は、52年ぶりの出場。終盤の8回裏には、中村碧人主将が意地のタイムリー3塁打を放ち1点を返すも敗れた。

✍️試合のみどころ
ドラフト候補の達孝太(2年)を擁する天理に、強力打線の宮崎商業が挑む構図か。宮崎商業は、宮崎大会で準決勝・決勝戦はともに6点差を逆転勝利するなど粘り強さがある。平均8.2得点(10位)、本塁打6本(3位)の強力打線が持ち味だ。一方の天理は、智辯学園・大阪桐蔭に一勝一敗と互角に渡りあい、今大会は優勝候補の一角だ。宮崎商業は、点の取り合い・シーソーゲームに持ち込みたい。

✍️注目ポイント(注目選手)
・天理は、最速146キロの達孝太(2年)とメガネがトレードマークの強打者・瀬千皓(2年)が投打の柱だ。このほか、打率.545・打点8・本塁打1本を記録した内山陽斗主将(2年)も好打者として注目したい。

・宮崎商業のエース日高大空(2年)は、秋9試合58回を投げて、防御率2.02と安定感がある。”6点差は逆転圏内”の打線は、秋に合計3本塁打を記録したキャプテン中村碧人(2年)がキーマンだ。



秋季九州大会の戦歴・試合結果

◆準決勝
宮崎商業(宮1) 0-2 
福大大濠(福1)

 宮崎商業|000|000|000|=0 
 福大大濠|002|000|00x|=2
————————————————
(宮崎商)日高―平松
(福岡大濠)馬場―川上
・2塁打:友納2(福大大濠)
————————————————
福大大濠が2-0で宮崎商業に勝ち、決勝進出。福大大濠の先発・プチトルネード投法の馬場拓海(1年)が8回1死まで無安打の好投を見せ、強打の宮崎商業を封じた。馬場は9回を一人で投げ抜き、被安打1・四球4・奪三振3の完封勝利。試合は、福大大濠が3回裏に1番・友納と3番・山下のタイムリーで2点を挙げ、これが決勝点。宮崎商業のエース日高も一人で投げ抜き被安打6・四球2・奪三振8と好投したが、打線が8回表に放った内野安打1本にとどまった。

◆準々決勝
宮崎商業(宮1) 9-3 東明館(佐1)

 宮崎商|021|401|100|=9 
 東明館|000|201|000|=3
————————————————
(宮崎商)日高、長友―平松
(東明館)今村、加藤、日山、亀山―石井、加藤
・本塁打・西原、中村2(宮崎商)
・3塁打:藤田(東明館)

————————————————
宮崎商業が9-3で東明館に勝利し、センバツ出場が有力に。先制したのは宮崎商業。2回表に8番・中野のタイムリーで1点を先制すると、さらに押出四球で1点を加え、2-0とする。3回表には、5番・西原太一がレフトへソロ本塁打を放ち、3-0。さらに4回表には、3番・中村碧人の3ラン本塁打と6番・水谷の犠牲フライで1点を挙げ、7-0と大量リードする。一方の東明館は4回裏、5番・加藤のタイムリーで1点、相手失策で1点を返し、7-2。6回表、宮崎商業は3番・中村碧人がこの日2本目となる本塁打(ソロ)を放ち、8-2。東明館は6回裏に、7番・藤田の2塁打で1点を返す。7回表、宮崎商業はバッテリーエラーから1点を追加し、9-3とした。宮崎商業は3本塁打を含む14安打を放ち、試合を優位に進めた。中でも3番・キャプテン中村碧人が3ラン本塁打とソロ本塁打を放つなど結果でもチームを引っ張った。

◆1回戦
長崎日大(長2) 1-8 宮崎商業(宮1)(7回コ) 

 長崎日大|000|001|000|=1  
 宮崎商業|022|013|x00|=8
————————————————

(長崎日大)石橋、松尾―鈴木
(宮崎商業)日高、長友―平松
・3塁打:西原(宮崎商業)
・2塁打:日高(宮崎商業)

————————————————
宮崎商業が8-1(7回コールド)で長崎日大に勝利。先制したのは宮崎商業。2回裏、死球・ヒット・四球で無死満塁とすると、7番・日高のタイムリーと9番・平松のスクイズで2点を先制。3回裏には、2死満塁から7番・日高が2塁打を放ち2点を追加。5回裏には、またも7番・日高がタイムリーを放ち、5-0。長崎日大は6回表、2つの四球から走者を出し、相手失策の間に1点を返し5-1。宮崎商業は6回裏、5番・西原の3塁打で2点、6番・水谷の安打で1点を追加し、8-1とした。宮崎商業は先発の日高が6回を投げ、被安打1と好投。打っては4打数3安打4打点と投打で活躍を見せた。



秋季宮崎大会での戦歴・試合結果

【秋季九州大会=宮崎(2枠)】秋季宮崎大会結果

①宮崎商業の戦歴・試合結果
・決勝戦 宮崎商業 14-9 延岡学園
・準決勝 宮崎商業 8x-6 宮崎日大(11)
・準々決勝 宮崎商業 18-0 都城工業(5)
・3回戦 宮崎商業 8-0 宮崎第一(7)
・2回戦 宮崎商業 1x-0 小林西(11)
・1回戦 宮崎商業 8-0 富島(7)

②延岡学園の戦歴・試合結果
・決勝戦 延岡学園 9-14 宮崎商業
・準決勝 延岡学園 2-1 日南学園
・準々決勝 延岡学園 11-4 宮崎学園(7)
・3回戦 延岡学園 11-1 都城西(6)
・2回戦 延岡学園 9-2 高鍋(7)
・1回戦 延岡学園 6-1 宮崎南

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手