【夏の甲子園】高岡商業 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

高岡商業 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号・名前・学年・出身中学
1 荒井大地(3年)南星(富山)
2 石黒優希(3年)庄川(富山)
3 菅澤陸(3年)志貴野(富山)
4 鈴木颯馬(2年)芳野(富山)
5 井林泰雅(3年)福岡(富山)
6 石黒優希(1年)高陵(富山)
7 藤井康平(2年)高岡西部(富山)
8 森田朝陽(3年)大門(富山)<主将>
9 堀裕貴(3年)大門(富山)
10 松代賢(3年)福岡(富山)
11 堀内慎哉(1年)志貴野(富山)
12 横田大輝(3年)高岡西部(富山)
13 多賀章渡(3年)上市(富山)
14 狭間誠(3年)氷見・北部(富山)
15 山崎翔真(3年)十三(富山)
16 堀井大聖(3年)大門(富山)
17 田中遼(3年)大門(富山)
18 志水照英(3年)福岡(富山)



高岡商業チーム紹介

<地方大会のチーム成績>
全6試合 失点11 打率.311
本塁3 盗塁8 失策3

◉チームの特長:ノーシードから3年連続の聖地。

チームトップの4割5分5厘で、走力も備える井林泰雅に注目。井林は富山第一との決勝戦で、満塁ホームランを放つ活躍。チームはこの冬に7万スイングを課してきた。

エース荒井大地に加えて、打線の中心の堀裕貴も投手を務め、3回戦の八尾戦では13奪三振を奪う好投。また、上位打線4人で合計70発を誇る。1番・森田朝陽が通算17本、2番・井林泰雅が18本、3番・石黒優希が12本、4番・堀裕貴が23本。

◉学校紹介:1897年(明30)創立の県立校。生徒数679人(女子417人)。野球部は1923年(大12)創部。部員数74人。甲子園は春5度、夏は20度目。主なOBは進藤達哉(DeNA編成部長)紺田敏正(日本ハムコーチ)。所在地は富山県高岡市横田286。宮岸毅校長。



高岡商 4-3 神村学園 8月12日(2回戦)

初戦で石見智翠館(島根)を令和甲子園初の延長戦で退けた高岡商(富山)が、その勢いのまま神村学園に勝利し、3回戦に進出。

高岡商は4回1死二塁で、5番藤井康平(2年)が先制タイムリー、7番荒井大地も中前適時打を放ち、この回2点を挙げた。

神村学園は4回まで荒井の投球の前にノーヒット。7回1死一、二塁で6番松尾駿助が中前適時打を放ち、1点を返した。高岡商は7回2死一、三塁で1番森田朝陽が中前打を放ち1点を追加。8回にも1点を加え突き放した。神村学園は9回に2点を返したがあと1歩届かず。



高岡商 6-4 石見智翠館 8月6日(1回戦)

3年連続20度目出場の高岡商(富山)が今大会初の延長戦を制し、夏10勝目を挙げた。

高岡商は1回表に先頭の森田朝陽(3年)がセーフティーバントで出塁。その後、1死満塁となり、藤井康平(2年)の押し出し四球で先制。2回には2死二塁から1番森田が左翼ポール直撃の大会2号となる2ランを放った。

高岡商は7回に1点を追加し突き放したが、8回に1点を返した石見智翠館は9回に追いつき、今大会初の延長戦に突入。高岡商は10回、2死二、三塁で1番森田が右翼フェンス直撃の決勝2点適時三塁打を放った。

スポンサー リンク