《高松商業》野球部メンバー特集⚡️夏の甲子園2021年

高松商業 野球部 2021年

高松商業 野球部 ベンチ入りメンバーを特集!

【2021年 秋季香川大会 登録メンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学==
01 橋﨑力   右左 2年 坂出
02 大坪太陽  右右 2年 坂出
03 本田倫太郎 右右 2年 志度
04 渡邊升翔  右右 2年 太田
05 山田一成  右右 2年 白峰
06 横井亮太  右右 1年 坂出
07 林息吹   右左 2年 綾上
08 井櫻悠人  右左 2年 太田
09 浅野翔吾  右右 2年 屋島
10 渡辺和大  左左 2年 附属坂出
11 植木皓大  右右 2年 屋島
12 大室亮満  左左 1年 太田
13 江西一郎  右左 1年 富田
14 中本翔真  右左 1年 藤井
15 橋本大誠  右右 2年 木太
16 佐藤瑞祇  右左 1年 綾上
17 佐藤颯人  右右 1年 香川第一
18 大麻颯   右右 2年 坂出
19 久保慶太郎 右右 1年 屋島
20 野嶋大輔  左左 2年 三木

⚡️特集ページ:香川県大会の日程・結果



高松商業 夏の甲子園2021年

夏の甲子園2021年 高松商業 野球部 ベンチ入りメンバーを徹底特集!

◆夏の甲子園=2大会連続21回目|香川県大会の結果 

◆地方大会成績:スポーツ紙評価:A=0、B=3、C=1。打率:.348(25位)、平均得点:9.6点(7位)、本塁打:2本(24位)、盗塁数:18個(7位)、平均犠打数:2.2(37位)、平均失点:3.4点(45位)、平均失策数:1.8(49位) ※カッコ内(出場校順位)

◆夏の香川大会では”5勝中3勝で逆転勝利”するなど、驚異的な粘りが持ち味だ。準決勝・大手前高松戦では、4点を追う9回に7点を奪い逆転。決勝・英明戦も、最大4点のビハインドを追うも同点とし、7回に浅野翔吾(2年)がソロ本塁打を放つなどし勝利した。

◆プロ注目のスラッガー 背番号9 浅野翔吾(2年)に注目だ。香川大会では打率.412を記録し、チームトップの本塁打2本(高校通算は35本塁打)、打点10を叩き出した。中学時代はU15日本代表に選出、中学通算55本塁打を放った右の長距離砲。強靭な肉体から凄まじい打球をはじき返し、来秋のドラフト上位候補としても注目される。

◆攻撃面は、チーム打率.348(25位)、平均得点9.6点(7位)と好調で、5試合で計48得点を記録。投手陣は、エース右腕 坂中大貴(3年)、背番号11の左腕 渡辺和大(3年)、背番号13の左腕 徳田叶夢(3年)ら5人が登板するなど、複数投手陣の継投が基本だ。

◆マネージャー長谷川さくらさん(3年)の母も約30年前に高松商業のマネを務め、親子2代でマネジャーを務める。



夏の甲子園 登録選手 2021年

==背番号・名前・学年・投打・出身中学==
01 坂中大貴  3年  右右  紫雲(香川)

02 山﨑悠矢  3年  右右  太田(香川) ◎
03 本田倫太郎 2年  右右  志度(香川)
04 末浪佑絃  3年  右左  天理(奈良)
05 安藤康城  3年  右左  古高松(香川)
06 向井万旺  3年  右左  龍雲(香川)
07 藤井陸斗  3年  右左  太田(香川)
08 野崎隼斗  3年  右左  志度(香川)
09 浅野翔吾  2年  右右  屋島(香川)
10 鈴木敦稀  3年  右右  満濃(香川)
11 渡辺和大  3年  左左  香川大付坂出(香川)
12 大平岳   3年  右右  大野原(香川)
13 德田叶夢  3年  左左  さぬき南(香川)
14 山田一成  2年  右右  白峰(香川)
15 渡辺升翔  2年  右右  太田(香川)
16 横井亮太  1年  右右  坂出(香川)
17 大坪太陽  2年  右右  坂出(香川)
18 橋崎力   2年  右左  坂出(香川)
※野球部員数:74人、◎:主将



夏の甲子園2021年 戦歴・結果

◆8/24(火) 智辯和歌山(和歌山) 5-3 高松商業(香川) ※3回戦
智辯和歌山|003|010|010|=5
高松商業|000|001|002|=3

——————————————
⭐️見どころ⭐️智辯和歌山は、初戦が宮崎商業の出場辞退により不戦勝。最速147キロのエース中西と高校通算42本塁打を誇る徳丸天晴(てんせい)に注目。和歌山大会では小園健太を擁する宿敵・市立和歌山に決勝戦で4-1で勝ち、4大会連続の夏。投手陣は全5試合を2失点以内に抑えるなど安定し、投打ともに選手層に厚みがある。20年12月にはイチローが3日間指導を行い「ちゃんとやってよ」とアドバイスをもらっている。一方の高松商業は、初戦で作新学院に10-7で勝利。4番藤井陸斗が4打数2安打6打点と活躍。このほか”打順2番”に2年生スラッガー浅野翔吾が座り、上位打線には得点力がある。浅野は、中学時代はU15代表で高校通算35本を誇る右の強打者。投手陣は計13安打を浴びるも、徳田・渡辺・坂中の3投手の継投で粘る作新学院打線をしのいだ。

⭐️試合結果⭐️智辯和歌山が5-3で勝利。初戦は不戦勝(宮崎商業が辞退)となり、和歌山大会決勝(7/27)から1ヶ月のブランクを経て迎えた3回戦は、最終回に粘りを見せる高松商業を振り切った。3回表に3番角井・4番徳丸の連続タイムリーで2点、さらに5番岡西の犠牲フライで1点を加えて3点を先制。5回表には相手失策から1点、8回表には2死から2連打のあと8番中西のタイムリーで5点目を挙げた(合計11安打)。エース中西聖輝は、8回2/3を投げて被安打6・四死球4・奪三振4(145球)と力投。中西は9回2死満塁から2点を奪われた場面で降板し、その後は背番号18伊藤が”1球”で試合をしめた。一方の高松商業は、5-1で迎えた9回裏に2死満塁のチャンスを作ると、8番向井がショートの悪送球を誘い2点を奪うなど、香川大会でみせた粘りの野球を展開。徳田・大平・坂中・渡辺の4投手が継投したほか、ベンチ入り18人中17人が出場するなど全員野球をみせた。2年生の注目スラッガー浅野翔吾は、6回表に特大のソロ本塁打(大会24号)を記録。最終回にはベンチから涙を流しながら声を張り上げた。今大会では7打数4安打2打点(ソロ本塁打1本含む)と確かな足跡を残した。


◆8/19(水) 作新学院(栃木) 7-10 高松商業(香川) ※初戦
作新学院|000|012|031|=7
高松商業|003|030|04x|=10

——————————————
⭐️見どころ⭐️作新学院は、夏は10大会連続出場。スタメン野手全員が打率3割以上を記録し、打線に切れ目がない。2桁背番号選手の活躍が光る。背番号16 平塚がチーム1位の打率.429、背番号13 池沢が打点4。この他、”代打の切り札”である背番号17 戎響葵(えびす ひびき)は、決勝・佐野日大戦で逆転2ランを放った(栃木大会では代打で3打数3安打3打点)。一方の高松商業は、香川大会では”5勝中3勝”で逆転勝ちした粘りが持ち味だ。準決勝・大手前高松戦は、4点を追う9回に7点を奪い逆転。決勝・英明戦は、最大4点差を跳ね返した。注目は、通算35本塁打を誇る浅野翔吾(2年)だ。中学時代はU15選出、中学通算55本塁打。香川大会では、打率.412・本塁打2本・打点10と圧巻の打撃成績を残した。

⭐️試合結果⭐️高松商業が10-7で勝利。(=夏25年ぶり勝利、大正~令和の4元号勝利、香川勢の春夏通算130勝目) 高松商業は、6-6の同点に追いつかれた8回裏、4番藤井陸斗が2死満塁から走者一層となるセンターオーバーの3塁打を放ち、9-6と3点を勝ち越し(これが決勝点)。4番の藤井は4打数2安打6打点と活躍が光った。このほか”2番”に起用された2年生浅野翔吾が先制点となるタイムリーを放ち、序盤に流れを引き寄せた(3打数2安打1打点と活躍)。投手陣は味方の12安打を上回る13安打を浴びるも、徳田・渡辺・坂中の3投手が継投し、粘る相手打線を振り切った。一方の作新学院は、一時は最大5点差をつけられるも、8回表には3点を奪い6-6の同点とし、9回表にも1点を奪うなど最後まで粘りを見せた。ただ、守りの面では計4失策を喫し、ミスが失点につながった。作新学院は開幕前に部員に陽性判定があり、その後は陰性を確認しての大会出場。雨天順延による日時変更も相次ぎ、様々な困難な中でこの試合を戦った。この試合はベンチ入り18人中15人が出場するなど、最後まで粘りのある”全員野球”をみせた。



夏の香川大会2021年 成績データ

◆スポーツ紙評価:A=0、B=3、C=1
◆打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.348(25位) [平均.351]
・得点   :48点(14位) [平均43.9点]
・平均得点 :9.6点(7位) [平均7.9点]
・本塁打  :2本(24位) [平均3本]
・平均本塁打:0.4本(21位) [平均0.5本]
・盗塁数  :18個(7位) [平均10.9個]
・平均盗塁数:3.6個(4位) [平均2個]
・犠打数  :11(40位) [平均14.1]
・平均犠打数:2.2(37位) [平均2.5]
◆投手/守備力==============
・失点   :17点(42位) [平均10点]
・平均失点 :3.4点(45位) [平均1.8点]
・失策数  :9(49位) [平均3.6]
・平均失策数:1.8(49位) [平均0.7]
◆参考データ===============
※試合数:5試合
※部員数:74人(26位) [部員数ランキング]
※[平均]:出場49チーム平均

【甲子園出場選手 個人成績ランキング特集】
◆打者部門=========
・浅野翔吾(2年):本塁打数 2本:11位(5試合)

・・・・・(0年):打点 10打点:12位(5試合)

夏の香川大会2021年 戦歴・結果

・決勝:高松商業 06-5 英明 
・準決勝高松商業 11-8 大手前高松
・準々決戦:高松商業 07-0 高松西(7)
・3回戦高松商業 10-4 香川中央
・2回戦高松商業 14-0 笠田(5)



(過去)2020年秋季四国大会

高松商業(香3) 1-4 聖カタリナ(愛1)※準々決勝
高松商業|000|000|100|=1 
カタリナ|010|000|03x|=4
——————————————————–
(高松商)徳田、渡辺-山崎(聖カタリナ)桜井-石川
——————————————————–
聖カタリナが高松商業との接戦を4-1で制した。聖カタリナは2回裏、先発投手の8番・櫻井が3塁打を放ち1点を先制する。その後、試合は投手戦のまま「スコア0」が並ぶ展開となり、迎えた7回表、高松商業は2死満塁から押出となる死球で1点を挙げ、1-1の同点に追いつく。しかし8回裏、聖カタリナは2連続四球でランナーを出すと、5番・堀内の2塁打や内野安打などで3点を挙げる。これが決勝点となった。聖カタリナのエース桜井頼之介は、前回・高知高校の森木大智から11安打を放った高松商業打線を5安打に抑える好投。6死四球を与えたが要所を締めた。

高知(高2) 2-5 高松商業(香3)※1回戦
高知|000|002|000|=2 
高松商|120|000|11x|=5
————————————————
(高知)森木―吉岡(高松商)徳田―山崎
————————————————
高松商業がプロ注目右腕・森木大智を擁する高知高校に5-2で勝利。先制したのは高松商業。1回表に4番・安藤康城のタイムリーで1点を先制すると、2回裏には、2死1・3塁から2番・野崎隼斗の内野安打で1点、3番・浅野翔吾(1年・U15日本代表)のタイムリーで、3-0とする。一方の高知高校は6回表、2死1・2塁から9番・田野岡脩人の左中間への3塁打で2点を返す。しかし、高松商業は7回裏に5番・藤井陸斗の犠牲フライで1点、8回裏には1番・末浪佑絃のタイムリーで5-2と引き離した。高松商業の徳田叶夢(背番号11)は、9回を一人で投げ抜き、8安打を打たれながら2失点と粘投だった。打線は、高知高校の森木大智に11安打を浴びせるなど好投の徳田を援護した。球場には1800人の観客が詰めかけた。

香川県球児の進路・進学先 2021年

香川県
高松商業 大手前高松 尽誠学園 英明 寒川
三本松 丸亀 高松南 坂出商業 丸亀城西
四国学院大香川西 志度 観音寺一