【明治神宮大会】高松商業 野球部ベンチ入りメンバー2018|合言葉は「コツコツネバネバ大作戦」

高松商業 野球部ベンチ入りメンバー

秋季四国大会決勝では、高松商(香川)が松山聖陵(愛媛)に3-1で競り勝ち、3年ぶり9回目の優勝。

高松商業・ナインが口にする合言葉は「コツコツネバネバ大作戦」だ。箱根駅伝などで必ず作戦名を披露する青学大・原晋監督をまねて、長尾健司監督が今大会前に掲げたもの。

3年前は四国大会優勝に続いて明治神宮大会も制し、翌春センバツでも準優勝した。パワフルな打撃で快進撃を続けたその先輩たちとはひと味違う、しぶとい野球で頂点を狙う。

秋季四国大会2018の試合結果はこちら
秋季香川大会2018の試合結果はこちら

高松商業の高いディフェンス力

旧チームのレギュラーは左腕・香川と主将・飛倉の2人だけ。勝ち抜けた最大の要因は、投手を中心としたディフェンス力の高さだった。

核となったのはエース香川。昨年夏から経験を積むエースは初戦の明徳義塾戦、準決勝の高知商戦を完投。最速141キロの直球と多彩な変化球で的を絞らせない投球術を魅せた。

右腕・中塚の存在も大きい。130キロ台後半の直球を主体に安定感は抜群。投手陣を支えた守備陣もかたい。

チーム失策は2。特に谷口、大塚の二遊間は県大会6試合を含め、計9試合で無失策。「打たせていけばアウトにしてくれる」(香川)という安心感を両投手に与え、守り全体の好循環を生んだ。

打線はつなぐ意識が徹底されていた。象徴したのは、35安打のうち30本が単打という数字。派手さはないが、打順に関係なく「逆方向」と「低い打球」を全員が実行。それが明徳義塾戦での逆転、高知商戦での五回の集中打につながった。

高松商業のエース香川卓摩(2年)

四国大会決勝進出で選抜当確。6月の大阪桐蔭の香川招待試合でも途中登板し3奪三振。テンポが良く野球センスを感じさせる投手だ。

▷高松商業vs大阪桐蔭の招待試合レポート

「スポンサーリンク」

明治神宮大会ベンチ入りメンバー

背番号 選手名 投/打 学年
1 香川卓摩 左/左 2年
2 新居龍聖 右/左 2年
3 岡井祐斗 右/右 2年
4 谷口聖弥 右/右 1年
5 篠原一球 右/左 1年
6 大塚慶汰 右/右 2年
7 岸本将翔 右/右 2年
8 飛倉爽汰 右/右 2年
9 浅野怜 右/右 2年
10 中塚公晴 右/右 2年
11 立岩知樹 右/右 2年
12 石丸圭佑 右/右 2年
13 安部祐慧 右/右 2年
14 島成来 右/左 2年
15 古市悠八 右/右 2年
16 長尾和真 右/左 1年
17 美濃克尚 右/左 1年
18 花岡海音 右/右 2年

「スポンサーリンク」

四国大会ベンチ入りメンバー

背番号 選手名 投/打 学年
1 香川卓摩 左/左 2年
2 新居龍聖 右/左 2年
3 岡井祐斗 右/右 2年
4 谷口聖弥 右/右 1年
5 篠原一球 右/左 1年
6 大塚慶汰 右/右 2年
7 岸本将翔 右/右 2年
8 飛倉爽汰 右/右 2年
9 浅野怜 右/右 2年
10 中塚公晴 右/右 2年
11 立岩知樹 右/右 2年
12 石丸圭佑 右/右 2年
13 安部祐慧 右/右 2年
14 島成来 右/左 2年
15 古市悠八 右/右 2年
16 長尾和真 右/左 1年
17 美濃克尚 右/左 1年
18 花岡海音 右/右 2年
19 上田蓮 右/右 1年
20 川原稜矢 右/右 2年

スポンサー リンク