【夏の甲子園】高松商業 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

高松商業 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号・名前・学年・出身中学
1 香川卓摩 3年 志度(香川)
2 安部祐彗 3年 屋島(香川)
3 立岩知樹 3年 志度(香川)
4 谷口聖弥 2年 桜町(香川)
5 石丸圭佑 3年 香南(香川)
6 大塚慶汰 3年 桜町(香川)
7 岸本将翔 3年 紫雲(香川)
8 飛倉爽汰 3年 竜雲(香川)<主将>
9 浅野怜 3年 坂出・東部(香川)
10 中塚公晴 3年 桜町(香川)
11 新居龍聖 3年 飯山(香川)
12 岡井祐斗 3年 桜町(香川)
13 古市悠八 3年 太田(香川)
14 花岡海音 3年 直島(香川)
15 笠居小史朗 2年 屋島(香川)
16 篠原一球 2年 満濃(香川)
17 谷正純 3年 白峰(香川)
18 松田光稀 2年 桜町(香川)



高松商業チーム紹介

香川:高松商(県立)23年ぶり20度目

<地方大会のチーム成績>
全5試合 失点10 打率.331
本塁打2 盗塁8 失策3

◉チームの特長:英明との決勝戦で、サヨナラ勝利し春夏連続甲子園へ。エース左腕の香川卓摩・右腕の中塚公晴の二枚看板に注目。父の兄も高松商業出身の香川は、3試合で27奪三振と切れ味十分。夏も「コツコツネバネバ大作戦」で、上位進出を狙う。

◉学校紹介:1900年(明33)に市立校として創立。生徒数925人(女子589人)。野球部は1909年創部で部員71人(マネジャー5人)。春27度、夏は20度目。春夏2度ずつ優勝。主なOBは水原茂(元巨人監督)島谷金二(元阪急)ロッテ松永昂大ら。所在地は高松市松島町1の18の54。梶正司校長。



【センバツ】高松商業 3年ぶり27回目

合言葉は「コツコツネバネバ大作戦」

高松商業は、1924年の第1回大会で優勝した古豪。60年の第32回大会でも頂点に。前回出場の第88回大会は準優勝。この平成最後の大会でセンバツ史上初の「3元号制覇」を目指す。

2回戦・市立和歌山/6-2で敗れる

高松商2-6市和歌山(終了)
高商000 002 000=2
市和120 300 00X=6
【高】中塚、香川
【市】柏山、岩本
【本】緒方(市)

高松商業は、2枚看板の一人・中塚公晴が先発マウンドもペースつかめず。初回、市立和歌山は緒方隆之介がレフトへの本塁打で先制すると、2回には2死一・二塁から壱岐有翔がタイムリーツーベースを放ち、2点を追加。序盤で流れをつかんだ。

また、投げては、市立和歌山の先発・柏山崇が5回まで無失点の好投。6回に2点を失ったところで救援した2年生左腕のエース真之介が好投をみせ、粘る高松商業を振り切った。

【第6日 3月28日(木)】
智弁和歌山 13-2 熊本西 (結果)
高松商 2-6 市和歌山 (結果)
習志野 3-1 星稜 (結果)



初戦・春日部共栄/エース香川卓摩が躍動

センバツ初戦では高松商が春日部共栄に8-0で勝利。

エースの香川卓摩が120球、4安打の13奪三振で完封。「普段から緊張することはない。観客が多いと盛り上がるタイプ」と話す。

試合中、最後は点差が開いたため、長尾監督は「八回で交代するか」と聞いたが、本人が「嫌です」と拒否したという。指揮官は「闘争心がある投手。いい度胸をしているなと思いながら見ていた」と称賛した。

【第1日 3月23日(土)】
市立呉2-3x市立和歌山 延長11回 (結果)
高松商8-0春日部共栄 (結果)
星稜3-0履正社 (結果)
※開門時間:6時40分 3試合目41,000人



センバツ・チームの特徴

【主な成績】
・香川大会優勝、四国大会優勝
・明治神宮大会4位
・第88回選抜で準優勝

【チームデータ】
・部員数:46人(マネ3)
・10勝1敗
・[率].325[本]3[防]2.35[盗]18
・スポーツ紙評価:B・B・A
(日刊・スポニチ・サンスポ)

【打撃力】
・作戦名は「コツコツネバネバ大作戦」長尾監督「ボディーブローのようにじわじわと相手投手と疲労させる打線」
・全員が地元っ子。楽しそうに野球をやるチームカラーは勢いあり。
・野球スタイルは古き良き昭和の作成。送りバントも多用。
・浅野怜は香川大会で打率8割越え、通算5割と出場選手中4位の高打率

【投手力】
・小さな巨人のエース左腕・香川卓摩右腕・中塚公晴の二枚看板。
・香川の父・兄は、ともに高松商業の野球部出身。
・中塚の父方の大叔父は、PL学園出身で3度甲子園。
・奪三振率は、中塚が10.91(5位)、香川が8.39(10位)とハイレベル

【トピックス】
・控えの花岡海音は、模試学年1位など高松商業が誇る頭脳



エース香川卓摩

高松商業のエース左腕・香川卓摩(3年生)。最速141キロの直球と多彩な変化球で的を絞らせない投球術が持ち味。18年の香川招待試合(大阪桐蔭戦)で途中登板し、その野球センスは注目を集めた。

第99回の夏の香川大会・準々決勝の三本松戦(甲子園出場)に先発登板し、1回に3失点。試合は1点差で三本松に敗れた悔しい思い出がある。

父も兄も高松商業の野球部出身。

父は夏の甲子園に出場した96年のチームで中堅手。当初、香川県外の学校を志していたが、16年のセンバツで高松商が準優勝したのを見て「地元でみんなで力を合わせて行くのもいいかなと思った」と入学を決めた。

中塚公晴 2枚看板の右腕

中塚公晴投手(3年)の中塚の父方の大叔父は、PL学園から68年に大洋ホエールズに入団した中塚政幸氏。74年に盗塁王も獲得した強肩俊足のバッター。中塚氏はPL学園時代に甲子園を3度経験。

スポンサー リンク