《特集》敦賀気比 野球部メンバー徹底分析 センバツ2021

敦賀気比 野球部 メンバーを特集 

※特集:①センバツ日程 ②優勝候補アンケート

センバツ2021年 敦賀気比 野球部ベンチ入りメンバーおよび秋季大会の結果・戦歴などを特集する。

秋季福井大会=優勝、北信越大会=優勝:県大会は、2回戦から決勝戦まで7点差で勝利し優勝。北信越大会では、初戦・富山北部・水橋連合に5-0で勝利。準々決勝は新潟明訓に延長10回の末、7-4で勝利。準決勝・関根学園戦は、9回裏に同点に追いつき延長10回サヨナラ(5x-4)で決勝進出。決勝は上田西に16-5で大勝。(夏の代替独自大会=優勝)

◆打撃力が持ち味:チーム成績は、打率.350(10位)、1試合あたり得点8.3点(8位)と、打撃力が持ち味のチーム。守りの面では、防御率2.20(19位)、1試合あたり失点2.7点(20位)と安定する。終盤に粘りがあり、接戦をものにするしぶとさも持ち合わせる。夏以降、引退した3年生のエース笠島尚樹や松村力らが打撃練習の投手として、後輩たちの攻撃力UPをサポートしてきた。

◆竹松明良と上加世田頼希の二枚看板:エース左腕・竹松明良(2年)は、安定した投球が持ち味の好投手。また、秋背番号18の上加世田頼希(1年)は北信越大会の決勝・上田西戦では5失点完投勝利で、チームを優勝に導いた。

◆1年生の上加世田頼希に注目:上加世田頼希(1年・うえかせだ らいき)は、中学3年時にU15日本代表に選出。アジア選手権(中国)では、台湾・韓国戦に登板して優勝に貢献。バッテリーを組んだ渡辺優斗捕手(1年)とともに入学。最速は軟式で142キロ、硬式では139キロ。打撃面でもチャンスに強い。

◆東鉄心と大島正樹主将が攻撃の柱:リードオフマンの東鉄心(てっしん・2年)は、準決勝・関根学園戦で、延長10回サヨナラ打を放つなど選抜当確の立役者。東哲平監督の甥で、名前は「鉄の心を持った強い子になれ」との想いが込められている。得点源である4番・大島正樹(2年)は、ダントツ最多の15打点を記録。関根学園戦では土壇場9回裏2死から同点タイムリーを放つなど勝負強さも光る。

◆中学時代のチームメート5名がスタメン:①捕手・長尾朝陽、②セカンド・東鉄心、③ショート・前川誠太、④レフト・森田世羅、⑤センター・大島正樹は、いずれも京都嵐山ボーイズ出身(同学年)で、ともにレギュラーポジションで活躍する。

◆柴犬の「小哲」と「ねこ吉」:小哲は、東哲平監督が知り合いから譲り受けた柴犬。ねこ吉は、3カ月ほど前に裏山から下りてきた野良猫。グラウンド脇にある監督室でコーチらに飼われている。



敦賀気比 ベンチ入りメンバー

※センバツ登録選手は例年3月10日前後公表
※以下:秋季北信越大会ベンチ入りメンバー

【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】
01 竹松明良   左左 3年 奈良県 橿原市立光陽
02 長尾朝陽   右右 3年 京都府 京都市立太泰
03 小西奏思   右右 3年 富山県 砺波市立庄川
04 東鉄心    右右 3年 京都府 京都市立松尾
05 本田克    右右 3年 京都府 宇治市立西宇治
06 前川誠太   右右 3年 京都府 京都市立蜂ヶ丘
07 森田世羅   右左 3年 京都府 京都市立嵯峨
08 大島正樹   左左 3年 京都府 京都市立岡崎 ◎主将
09 沼田航    左左 3年 兵庫県 神戸市立本山南
10 川勝郁海   右右 3年 大阪府 大阪市立旭陽
11 吉崎空    右右 3年 広島県 広島市立亀山
12 渡辺優斗   右右 2年 大阪府 大阪市立茨田中
13 細谷俊作   右左 3年 京都府 長岡市立長岡
14 今井士温   右左 3年 福井県 福井市立足羽第一
15 齋藤伶也   右右 3年 三重県 四日市立保々
16 池淵春介   左左 3年 福井県 鯖江市立東陽
17 渡邊飛雄馬  右右 3年 奈良県 三郷町立三郷
18 上加世田頼希 右右 2年 大阪府 大東市立北条



秋季大会の主な成績・データ

<敦賀気比の主な成績データ|昨秋公式戦>
【回数】5年ぶり8回目(夏の甲子園=9回)
【成績】福井大会=優勝、北信越大会=優勝
【勝敗】9戦9勝0敗
【評価】A=2、B=4、C=0(スポーツ紙6紙)
【打率】 .350 / 10位 (.332)
【防御率】2.20 / 19位 (2.19)
【失点数】24点 / 20位 (22.3点)
 →平均 2.7点 / 20位 (2.4点)
【得点数】75点 / 11位 (67.4点)
 →平均 8.3点 / 8位 (7.3点)
【本塁打】0本 / 28位 (3.5本)
 →平均 0本 / 28位 (0.4本)
【盗塁数】17個 / 13位 (15.9個)
 →平均 1.9個 / 12位 (2個)
【失策数】7個 / 16位 (7.2個)
 →平均 0.8個 / 15位 (0.8個)
【部員数】52人(0人) (14位)
【生徒数】668人 (23位)
——————————————
※→平均=1試合あたりの平均値
※ (カッコ内)=全32出場校の平均値
※部員数( )=マネ数(内訳)

[特集]センバツ全32出場校一覧



センバツ2021 戦歴・結果

①センバツ日程・見所 ②優勝候補アンケート】

◆3月23日(火) 1回戦 [第5日目]
14:20 常総学院(茨城) vs 敦賀気比(福井)
・・|000|000|000|= 0
・・|000|000|000|= 0

実力伯仲の両チームの対戦は、白熱した好ゲームとなりそうだ。試合は、常総学院のダブルエースと敦賀気比打線の対決に注目したい。

常総学院は、ともに最速145キロ超のストレートを持つ秋本璃空(2年)と大川慈英(2年)のダブルエースに安定感がある。また、攻撃面では、打率.361(6位)、平均得点7.4点(15位)を誇り、秋季関東大会では、前橋商業・木更津総合・東海大甲府に対して、いずれも8点差以上をつけて大勝した。

敦賀気比は、高い攻撃力と終盤戦での粘り強さを持つ。打率.350(10位)、平均得点8.3点(8位)を記録し、北信越大会の準々決勝・新潟明訓戦は7-4(延長10回)、準決勝・関根学園戦は5x-4(延長10回サヨナラ)で勝利。決勝では、上田西に16-5で大勝した。

◆主なポイント(注目選手など)
・常総学院は、最速145キロの秋本璃空(2年)と最速146キロの大川慈英(2年)のダブルエースに注目したい。防御率1.94(14位)、1試合平均失点2点(11位)を記録するなど、安定感がある。

・敦賀気比は、好打者が揃う。関根学園戦でサヨナラ打を放ったリードオフマンの東鉄心(てっしん・2年)のほか、4番・大島正樹主将は、1人で15打点を叩き出したチームの得点源だ。また、エース竹松明良(2年)と元U15日本代表の上加世田頼希(1年)は、ともに安定感がある好投手。



秋季北信越大会の戦歴・試合結果

◆決勝戦 上田西 5-16 敦賀気比
 上田西|030|000|101|=5
 敦賀気比|431|002|60x|=16
—————————————
敦賀気比が上田西に16-5で勝利し優勝。2校はセンバツ出場が有力に。敦賀気比は初回、先頭・東鉄心が2塁打を放ち、3番・前川と4番・大島の連続2塁打で3点を先制。さらに先発・上加世田のタイムリーで初回に4点をあげる。上田西は2回表、1番・笠原の2塁打と2番・梅香の安打で3点を返し、3-4とする。しかし敦賀気比は2回裏、上田西の2番手・堀内の連続3四死球で満塁とすると、4番・大島のタイムリーや犠牲フライで7-3に。その後も敦賀気比は得点を重ね、16-5で大勝。打っては、4番・大島と先発・上加世田がともに4打点と活躍。投げては、元U15日本代表の上加世田(1年)が、15安打を浴びながらも大量援護をもらい、9回を一人で投げ抜いた。上田西の先発・エース山口謙作が4失点で初回でマウンドを降りると、継投した堀内・高梨・片平の投手陣が粘れずに、合計16安打・14四死球と乱調だった。
—————————————
(上田西)山口、堀内、高梨、片平―小川
(敦賀気比)上加世田―長尾
・本塁打:柳沢(上田西)

◆準決勝 関根学園 4-5x 敦賀気比(延長10回)
 関根学園|003|000|100|0=4 
 敦賀気比|200|000|101|1=5x 
—————————————
敦賀気比が延長戦を制し、5x-4の延長10回サヨナラで関根学園に勝利。先制したのは敦賀気比。1回裏に死球や失策などでチャンスを作ると、4番・大島正樹の3塁打で2点を先制。一方の関根学園は、3回表に8番・竹之内からの3連打で1点を返し、4番・尾身の2塁打で2点を加え、3-2と逆転する。さらに関根学園は、7回表に8番・竹之内陵(背番号16)が前回の佐久長聖戦に続く本塁打(ソロ)で1点を追加。リードされた敦賀気比は、7回裏に1番・東鉄心の2塁打で4-3の1点差に。さらに、土壇場の9回裏2死1・2塁から大島正樹が同点タイムリーを放ち延長戦へ。延長10回裏、敦賀気比は2死1・3塁から、1番・東鉄心がセンター前へ運び、5x-4のサヨナラで勝利。敦賀気比エースの竹松は肩の不調で初回5球で降板し、大島・上加世田が継投。元U15の上加世田は4回からロングリリーフし、力投した。関根学園は、先発の牧野水樹が7回4安打と好投。8回から背番号6の滝澤夏央が登板するも、敦賀気比の粘りが勝った。
—————————————
(関根学園)牧野、滝沢―大竹
(敦賀気比)竹松、大島、上加世田―長尾
・本塁打:竹之内(関根学園)




◆準々決勝 敦賀気比 7-4 新潟明訓 (延長10回)
 敦賀気比|000|000|031|3|=7
 新潟明訓|100|000|201|0|=4

—————————————
敦賀気比が延長10回の末、7-4で新潟明訓に勝利。3点をリードされて迎えた8回、敦賀気比は7回からマウンドに上がったU15日本代表・上加世田がヒットで出塁すると、5連続安打で一挙3点をあげて3-3の同点に追いつく。その後、9回表にランナーを置いた場面で、上加世田がタイムリーを放ち4-3と勝ち越す。土壇場9回裏、粘りを見せる新潟明訓は犠牲フライで同点に追いつき、延長戦に突入。延長10回表、敦賀気比は相手の失策と沼田のタイムリーで3点を奪い、試合を決めた。
—————————————
(敦)竹松、上加世田―長尾
(新)柳下、飯浜―加藤
・3塁打:高木(新潟明訓)
・2塁打:柳下(新潟明訓)東、今井、上加世田(敦賀気比)

富山北部・水橋連合 0-5 敦賀気比
 富山北部・水橋|000|000|000|=0
 敦賀気比・・・|201|001|10x|=5
—————————————
敦賀気比は1回に三塁打の東が暴投で生還、さらに内野ゴロで追加点。3回は内野安打・盗塁・犠打・犠飛を絡めた手堅い攻撃で加点した。富山北部・水橋連合のエース酒井の力投も光ったが、打線は2安打に抑えられた。
—————————————
(連合)酒井―針山
(敦賀気比)竹松―長尾
・3塁打:東(敦賀気比)
・2塁打:浦本(富山商業)



秋季福井大会の戦歴・試合結果

【秋季北信越大会=福井(3枠)】
 秋季福井大会結果

①敦賀気比の戦歴・試合結果
・決勝戦 敦賀気比 12-5 福井商業
・準決勝 敦賀気比 10-3 北陸
・準々決勝 敦賀気比 8-2 金津
・2回戦 敦賀気比 10-1 啓新(8)
・1回戦 敦賀気比 2-0 坂井

②福井商業の戦歴・試合結果
・決勝戦 福井商業 5-12 敦賀気比
・準決勝 福井商業 12-2 美方
・準々決勝 福井商業 7x-6 武生工業
・2回戦 福井商業 4x-3 武生(10)
・1回戦 福井商業 2-0 藤島

③北陸の戦歴・試合結果
・3位決定戦 北陸 11-2 美方(7)
・準決勝 北陸 3-10 敦賀気比
・準々決勝 北陸 6-3 工大福井
・2回戦 北陸 8-0 福井農林(7)
・1回戦 北陸 10-0 高志(6)

※特集:①センバツ日程 ②優勝候補アンケート