【選手】聖カタリナ学園 野球部 メンバー 秋季四国大会2020年

聖カタリナ学園 野球部ベンチ入りメンバー

2020年の秋季四国大会に出場する聖カタリナ学園 野球部のベンチ入りメンバーを特集!

【聖カタリナ学園・チーム紹介】
秋季愛媛大会1位。創部5年目で2度目の秋季四国大会出場。県大会初戦・強豪の今治西に5-1で勝利して勢いにのると、準々決勝は吉田に12-0(5回コールド)、準決勝は小松に6-1、決勝戦では松山城南に11-1と相手校を圧倒して優勝。全4試合で失点はわずか3点と投手力も高い。

エース・櫻井頼之介(2年)は、身長170センチ、58キロの小柄で細身な投手で、最速144キロのストレートと90キロ台の変化球で緩急を巧みに使う。秋季愛媛県大会は26回を投げて防御率は0.34と際立った。

県大会のチーム打率は.381。4番・川口翔大(2年)は小松戦で2ラン本塁打を放つなど打撃面を引っ張る。打力アップのため、練習で木製バットを使用している。

野球部は、2016年に女子校から共学になるのに伴い誕生した。




【位置・氏名・学年・投打・出身中学校】 
 投桜井頼之介 2 右右 尼崎中央(兵庫)
 捕足達遥都  2 右右 彩都西(大阪)
 一堀越璃雄  2 右右 松山南二
 二水江聡太  1 右右 井高野(大阪)
 三崎野翔太  1 右左 伊方
 遊川口翔大  2 右左 余土
 左石川航大  2 右右 川之江北
 中田代勝也  2 右右 鴨川
 右高岡唯   2 左左 城西
補◎ 小沢武門  2 右右 府中三(東京)
 〃仲田隆晟  2 右右 如是(大阪)
 〃上田将史  2 右右 松山西
 〃中野孝太郎 1 左左 相模(神奈川)
 〃桃原光汰  2 右右 相武台(神奈川)
 〃守野剛   2 右右 垣生
 〃菅将暢   2 右左 大三島
 〃福井脩介  2 右左 茨木北(大阪)
 〃井上翼   1 左左 高槻三(大阪)
 〃中山翔貴  2 右左 阿武山(大阪)
 〃尾崎勇太  2 右右 湯山
スコ 川東幸大  2 北条南
部長 光田一樹
監督越智良平
(◎印は主将)



秋季四国大会の戦歴・試合結果

11月1日(日) 明徳義塾(高1) 5-1 聖カタリナ(愛1) ※決勝 
明徳義塾|010|010|030|=5  
聖カタリナ|000|100|000|=1
————————————————
(明徳義塾)代木ー加藤
(聖カタリナ)仲田、櫻井ー石川
・3塁打:代木(明徳義塾)
・2塁打:森松(明徳義塾)高岡、堀越(聖カタ)

————————————————
明徳義塾が聖カタリナ学園との投手戦を5-1で制し、優勝。明徳義塾は2回表、相手守備のフィルダースチョイスから1点を先制。一方の聖カタリナ学園は4回裏、5番・堀越が2塁打を放ち、1-1の同点に追いつく。追いつかれた明徳義塾は5回表、死球で出たランナーを犠打で送ると、4番・森松の2塁打で1点を挙げ、2-1と勝ち越す。8回表、明徳義塾は連打でチャンスを広げると、7番・代木の3塁打などで3点を挙げ、5-1とした。明徳義塾のエース代木大和は、四国大会の3試合を全て一人で投げ抜いた(県大会からの8試合中7試合で完投)。この試合も投球数99数で完投、被安打5・四球1・奪三振4と安定感抜群の投球を見せた。一方の聖カタリナ学園は、控えの仲田隆晟が6回を3安打2失点と好投し試合を作った。7回からは前日までの2試合で合計330球を投じてきたエース桜井頼之介に継投するも、その直後に3点を奪われた。今大会の決勝に進出した明徳義塾・聖カタリナ学園は、ともにエース代木・櫻井の両エースの好投が光るチームだった。




10月31日(土) 小松(愛3) 2-3x 聖カタリナ(愛1)(延長12回) ※準決勝
小松・・・|001|100|000|000 =2
聖カタリナ|000|110|000|001 =3
————————————————
(小松)越智、古本ー森井
(聖カタリナ)櫻井ー足達、石川
・3塁打:福島(小松)
・2塁打:川口(聖カタリナ)

————————————————
聖カタリナ学園が延長12回の投手戦を制し、3x-2で小松に勝利し決勝進出。センバツ出場が有力に。先制したのは小松、3回表に4番・赤尾のタイムリーで1点を挙げると、4回表には押出四球で1点を挙げ、2-0とリードする。一方の聖カタリナは、4回裏に9番・田代のタイムリーで1点を返し、5回裏には相手失策から1点をあげ、2-2の同点に追いつく。試合はこのまま延長戦に突入。延長12回裏、2死1・3塁から、前の4番・川口が敬遠され勝負打者となった5番・堀越がサヨナラタイムリーを放ち、3x-2で勝利。聖カタリナのエース桜井頼之介は、前回の高松商業戦に続き完投。試合中にオーバースローからスリークオーター気味にフォームを変更するなど工夫をしながら延長12回を一人で投げ抜き、被安打6。6回以降はヒット1本に抑える力投を見せ、チームのサヨナラ勝利を引き寄せた。

10月25日(日) 高松商業(香3) 1-4 聖カタリナ(愛1)※準々決勝
高松商業|000|000|100|=1 
カタリナ|010|000|03x|=4
——————————————————–
(高松商)徳田、渡辺-山崎
(聖カタリナ)桜井-石川
・3塁打:桜井(聖カタリナ)
・2塁打:堀越(聖カタリナ)

——————————————————–
聖カタリナが高松商業との接戦を4-1で制した。聖カタリナは2回裏、先発投手の8番・櫻井が3塁打を放ち1点を先制する。その後、試合は投手戦のまま「スコア0」が並ぶ展開となり、迎えた7回表、高松商業は2死満塁から押出となる死球で1点を挙げ、1-1の同点に追いつく。しかし8回裏、聖カタリナは2連続四球でランナーを出すと、5番・堀内の2塁打や内野安打などで3点を挙げる。これが決勝点となった。聖カタリナのエース桜井頼之介は、前回・高知高校の森木大智から11安打を放った高松商業打線を5安打に抑える好投。6死四球を与えたが要所を締めた。



秋季愛媛大会での戦歴・試合結果

【秋季四国大会=愛媛(3枠)】秋季愛媛大会の結果

①聖カタリナ学園の戦歴・試合結果・チーム紹介
・決勝戦 聖カタリナ学園 11-1 松山城南
・準決勝 聖カタリナ学園 6-1 小松
・準々決勝 聖カタリナ学園 12-0 吉田(5)
・1回戦 聖カタリナ学園 5-1 今治西

②松山城南の戦歴・試合結果・チーム紹介
・決勝戦 松山城南 1-11 聖カタリナ学園
・準決勝 松山城南 3x-2 丹原(12)
・準々決勝 松山城南 4x-3 新田
・1回戦 松山城南 15-0 松山北(5)

③小松の戦歴・試合結果・チーム紹介
・3位決定戦 小松 5-2 丹原
・準決勝 小松 1-6 聖カタリナ学園
・準々決勝 小松 4-3 松山商
・1回戦 小松 7-0 新居浜商

スポンサー リンク