《明桜・秋田》野球部メンバー特集⚡️夏の甲子園2021年

明桜 野球部 メンバー 2021年

明桜 野球部 2021年メンバーを特集!

⚡️2021年秋季秋田県大会 登録選手⚡️
==背番号・名前・投打・学年・出身中学==
01 上山優和  左左 2年 御坊
02 稲次洸昇  右左 2年 朝霧
03 宮本流来  右右 2年 粉河
04 長尾龍之介 右左 2年 大形
05 吉野鈴之助 右右 1年 泉
06 石田恋   右右 2年 高鷲
07 坂口蒼天  右左 2年 松崎
08 依田悠希  右右 2年 古河一
09 松田琉星  左左 2年 藤井寺三
10 野中天翔  左左 2年 光洋
11 難波佑聖  右右 1年 羽後
12 吉川新汰  右右 1年 御所野学院
13 半田悠斗  右左 2年 成瀬
14 猪原空駈斗 右右 1年 上之島
15 北嶋侑   右右 1年 西
16 土田亮太  右左 1年 十文字
17 松橋日々生 右左 1年 鷹巣
18 楳田誠汰  右右 2年 取石
19 黒坂浩生  右右 2年 桐蔭学園
20 相庭立稀  右右 2年 田島

⚡️特集ページ:秋田県大会の日程・結果



明桜高校 夏の甲子園2021年

夏の甲子園2021年 明桜 野球部 ベンチ入りメンバーを徹底特集!

◆夏の甲子園=4年ぶり10回目|秋田県大会の結果

◆地方大会成績:スポーツ紙評価:A=1、B=3、C=0。打率:.286(46位)、平均得点:6.8点(34位)、本塁打:0本(43位)、盗塁数:17個(10位)、平均犠打数:1(46位)、平均失点:0.8点(4位)、平均失策数:0.2(4位) ※カッコ内(出場校順位)

◆注目は、身長183センチで“最速157キロを誇る風間球打(きゅうた・3年)だ。決勝を含む3試合に先発し、26回を投げて3失点、奪三振32。準々決勝・秋田高校戦では、自己最速となる157キロを記録。決勝・秋田南戦では、3安打8奪三振で完封した。

◆聖地では、これまでの甲子園最速の「158キロ」(=2001年夏 日南学園 寺原隼人)の記録更新にも注目が集まる。

◆風間は4兄弟の三男で、長男・球道(きゅうどう)、次男・球星(きゅうせい)、四男・球志良(きゅうしろう)さんと全員が野球経験者である。

◆風間は、山梨県・塩山中学の出身。中学時代は笛吹ボーイズでプレーしていたが、当時の球速は130キロほど。山梨出身で地縁がある輿石重弘監督と縁があり秋田の地へ。監督は「体は細かったのですが、投げ方のバランスがよかったので、これは伸びると」と当時を振り返る。

兄の石田一斗(3年)と弟の恋(2年)の”兄弟二遊間”が、鉄壁の守備で投手陣を支える。石田一斗(3年)は、投げては最速143キロ右腕で、秋田大会では2試合で先発するなど投手能力も秀でる。兄弟は大阪・羽曳野市出身で、中学時代は藤井寺ボーイズで共にプレーした。



夏の甲子園ベンチ入りメンバー2021年

==背番号・名前・学年・出身中学(都道府県)==
01 風間球打  3年  右左  塩山(山梨)
02 中井稜貴  3年  右右  津久野(大阪)◎
03 真柴育夢  3年  右左  香芝西(奈良)
04 石田恋   2年  右右  高鷲(大阪)
05 渡邊勇伸  3年  右左  桜(秋田)
06 石田一斗  3年  右右  高鷲(大阪)
07 土居健太  3年  右左  小阪(大阪)
08 福溜洸太朗 3年  右右  小津(大阪)
09 上山優和  2年  左左  御坊(和歌山)
10 山本隆世  3年  右右  東陽(和歌山)
11 栗城蓮   3年  左左  伊勢原・中沢(神奈川)
12 浅利一勲  3年  右右  秋田東(秋田)
13 渡邊翔太  3年  右右  下吉田(山梨)
14 三浦柊馬  3年  右左  上郡(兵庫)
15 石井貫太  3年  右右  信達(大阪)
16 冨岡淳志  3年  右右  太子東(兵庫)
17 髙橋聖央  3年  右左  御野場(秋田)
18 佐藤秀悟  3年  右両  勝沼(山梨)

※野球部員数:95人、◎:主将



夏の甲子園2021年 戦歴・結果

◆8/22(日) 明徳義塾(高知) 8-2 明桜(秋田) ※2回戦
明徳義塾|001|010|303|=8
明桜・・|010|000|010|=2

——————————————
⭐️見どころ⭐️明桜は、初戦で帯広農業に4-2で勝利。最速157キロを持つ風間球打は、9回完投し被安打7・死四球2・奪三振10で2失点で完投。3回には今大会最速となる150キロを記録。ノーゲームとあわせて合計195球(55球+140球)を投じた。兄の石田一斗(3年)と弟の恋(2年)は、鉄壁の兄弟二遊間として注目。一方の明徳義塾は、初戦で県立岐阜商業に3x-2で勝利。9回裏に3番森松がサヨナラ打を記録。エース代木は5回を3安打・4与死四球・1失点と力投。6回表のピンチの場面から登板したトルネード左腕の2年 吉村優聖歩(ゆうせふ)が4回を2安打・無死四球・1失点と好投。内外野は堅守で、攻撃では序盤は相手投手の立ち上がりを見極めて、出塁した走者を犠打で確実に進めるなど、手堅い野球が光る。

⭐️試合結果⭐️明徳義塾は、県岐阜商戦でサヨナラ打を放った3番森松が3回表に同点安打、5回表には勝ち越し打と活躍。序盤から明桜風間のボールをフルカウントまで見極めて終盤勝負に持ち込んだ。7回表、交代直後の明桜2番手の石田を攻め、1死満塁から初級スクイズ空振りの間に1点、6番山蔭の2点安打で計3点を奪い、5-1と突き放した。9回表にも4番加藤の2塁打で1点、相手失策から2点を奪った。エース代木が5回途中までを被安打2・与四死球4・奪三振5・失点1と好投。5回表に無死1・2塁の場面で、馬淵監督は2年生左腕の吉村優聖歩(ゆうせふ)にスパッと交代。無死満塁を招くもスクイズ失敗からWプレーを取るなどしピンチをしのいだ。 吉村は5回を被安打3・四死球2・失点1とこの日も好救援。一方の明桜は、最速157キロを持つ風間球打が6回を投げて被安打6・四球5・奪三振8・2失点、6回までに合計139球を投げた(3回に今大会最速152キロを記録)。7回からは遊撃手 石田一斗に継投、その後は栗城・山本が登板。攻撃陣は先制点を奪うも合計5安打、チャンスを作るも3併殺された。


◆8/15(日) 帯広農業(北北海) 2-4 明桜(秋田) ※初戦
帯広農業|001|100|000|=2
明桜・・|100|030|00x|=4

——————————————
⭐️見どころ⭐️明桜は、プロ注目 最速157キロ右腕の風間球打(きゅうた)に注目だ。”甲子園最速158キロ”(=日南学園 寺原隼人)の記録更新にも期待がかかる。兄の石田一斗(3年)と弟の恋(2年)は、鉄壁の兄弟二遊間。二刀流・一斗(3年)のセンスある投球にも注目だ。一方の帯広農業は、昨夏は21世紀枠で甲子園交流試合に出場し、健大高崎に勝利。強力打線は大会屈指で、チーム打率.425(5位)、平均得点10.3点(4位)。決勝・帯広大谷戦では先発全員安打で19-2と圧倒、全6試合連続2桁安打、合計90安打を放った。

⭐️試合結果⭐️明桜が4-2で勝利。最速157キロの風間球打は、9回完投(140球)し、強打を誇る相手打線を被安打7・死四球2・奪三振10で2失点に抑えた。3回には今大会最速となる150キロを記録。ノーゲームの試合とあわせて合計195球(55球+140球)を投じた。試合は、逆転を許した展開で迎えた5回裏、2死から3番石田・4番真柴の連続タイムリーで3点を奪い、4-2と逆転。一方の帯広農業は、7安打を記録し果敢な走塁を随所でみせるなど持ち味を出すも2点止まり。昨夏の甲子園交流試合に続き2年連続の勝利はならなかった。この試合は12日(木)に4回ノーゲーム(明桜が5-0でリード)、その後”丸2日の順延”の末に行われた。



夏の秋田大会2021年 成績データ

◆スポーツ紙評価:A=1、B=3、C=0
◆打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.286(46位) [平均.351]
・得点   :34点(38位) [平均43.9点]
・平均得点 :6.8点(34位) [平均7.9点]
・本塁打  :0本(43位) [平均3本]
・平均本塁打:0本(43位) [平均0.5本]
・盗塁数  :17個(10位) [平均10.9個]
・平均盗塁数:3.4個(5位) [平均2個]
・犠打数  :5(46位) [平均14.1]
・平均犠打数:1(46位) [平均2.5]
◆投手/守備力==============
・失点   :4点(4位) [平均10点]
・平均失点 :0.8点(4位) [平均1.8点]
・失策数  :1(4位) [平均3.6]
・平均失策数:0.2(4位) [平均0.7]
◆参考データ===============
※試合数:5試合
※部員数:95人(9位) [部員数ランキング]
※[平均]:出場49チーム平均

【甲子園出場選手 個人成績ランキング特集】
◆投手部門=========
・風間球打(3年) 奪三振数 32:12位(3試合)

夏の秋田大会2021年 戦歴・結果

・決勝戦 :明桜 06-0 秋田南
・準決勝 :明桜 11-0 横手
・準々決勝:明桜 04-3 秋田(10)
・3回戦 :明桜 09-1 秋田工業(7)
・2回戦 :明桜 04-0 能代 

秋田の高校球児 進路・進学先 

秋田県大会の日程・結果
秋田商 秋田修英 秋田中央 角館 能代 由利
能代松陽 本荘 明桜 金足農業 大館鳳鳴 
大曲工業 大館国際情報学院