【夏の甲子園】津田学園 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

津田学園 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号・名前・学年・出身中学
1 前佑囲斗 3年 亀山(三重)
2 阿萬田琉希 3年 三原(兵庫)
3 松尾夏希 3年 武豊(愛知)
4 大音壱汰 3年 栗野(福井)
5 前川夏輝 3年 一身田(三重)
6 小林世直 2年 長島(三重)
7 石川史門 3年 東員一(三重)
8 渡辺保育 3年 はとり(愛知)
9 藤井久大 3年 二見(兵庫)
10 降井隼斗 3年 三滝(三重)
11 栄龍騰 2年 高倉(兵庫)
12 水谷響 3年 多度(三重)
13 中茎侃太 2年 高取台(兵庫)
14 中村宇亜 2年 魚崎(兵庫)
15 谷頭幹太 2年 三方(福井)
16 伊藤侑希 3年 東員一(三重)
17 岩本太一 3年 尾鷲(三重)
18 髙手亮佑 3年 永和(愛知)



津田学園チーム紹介

三重:津田学園(私立)2年ぶり2度目

<地方大会のチーム成績>
全5試合 失点4 打率.365
本塁打3 盗塁4 失策0

◉チームの特長:最速152キロを誇る本格右腕・前佑囲斗は、大会屈指の右腕。2番手の右サイド降井隼斗は細身ながら140キロ超えで切れ味がある。

三重大会5試合で4失点の守りに加え、主軸の藤井久大・前川夏輝の打撃に注目。

また、智辯学園で1年生ながら4番に座る前川右京の兄が、前川夏輝。兄弟での甲子園出場。




チアリーディング部も部員増加。昨年は12人だったが、春のセンバツを見た1年生が16人加わり、過去最高の27人に。

なお、佐川竜朗監督の41回目の誕生日は8月7日(水)、これは静岡高校との初戦の日。

◉学校紹介:1987年(昭62)創立の私立校。生徒数630人(女子276人)。野球部は1991年に創部され、部員数81人(マネジャー6人)。甲子園出場は春3度、夏は2年ぶり2度目。主なOBは阪神桑原謙太朗、SKE48斉藤真木子ら。所在地は三重県桑名市野田5の3の12。細見明典校長。



津田学園 3 -1 静岡 8月7日(1回戦)

津田学園・前佑囲斗の投打の活躍で2年ぶりの初戦突破。140キロ台中盤の速球で押し7回まで無失点。8回に失点し完封こそ逃したが11三振を奪い完投。体重は1年間で約10キロ増えて89キロ。

この日は佐川竜朗監督の41歳の誕生日。「抽選会が終わった時点で分かっていたので、勝利をプレゼントしたかった」。全部員が300円ずつ出し合い、プレゼント。



センバツ 津田学園(三重)17年ぶり3回目

初戦・龍谷大平安/延長11回、敗れる

<3月25日・試合結果>
津田学園0-2龍谷大平安(延長11回)
平安000 000 000 02=2
津田000 000 000 00=0
【津】前 【平】野沢

龍谷大平安が津田学園を破り、京都勢の春夏通算甲子園200勝を達成。

龍谷大平安の左腕・野沢秀伍、津田学園の右腕・前佑囲斗の投手戦は、延長11回に決着。龍谷大平安はランナーを2塁に置いた場面で、4番の水谷主将が敬遠。続くバッター奥村真大(2年)が二塁打を放ち、勝ち越した。

津田学園の強力打線を龍谷大平安の野沢が4安打完封。

【第3日 3月25日(月)】
龍谷大平安 2-0 津田学園 11回 (結果)
石岡一 2-3x 盛岡大付 11回 (結果)
札幌第一 5-24 山梨学院 (結果)
※開門時間:8時 第1試合 18,000人


センバツ・チームの特徴

【主な成績】
・三重大会3位、東海大会準優勝

【チームデータ】
・部員:52人(マネ3)
・10勝3敗
・[率].339[本]6[防]2.34[盗]13
・スポーツ紙評価:B・B・B
(日刊・スポニチ・サンスポ)

【投手力】
・注目投手は、183センチで最速148キロを誇る前佑囲斗。兄も津田学園。奪三振率は10.50で7位、与四死球率は1.71で7位と上位成績
・課題は13試合で16失策の守備、内野にコンバートされた選手が多ったのが要因

【打撃力】
・打率.339は出場チーム中9番目
・打撃の軸は4番・前川夏輝。東海大会では3試合連続本塁打、チーム最多16打点

【トピックス】
・エース前佑囲斗は「モデルのような顔、女子の話題になっている」とチーム評
・チームの元気印は背番号13 岩本太一。甲子園練習中、もっとも叫びチームを鼓舞。



津田学園・前佑囲斗 最速148キロ/兄の悔しさを胸に

津田学園のエースは、前佑囲斗。名前は「まえ・ゆいと」と読む。身長182センチ・87キロの恵まれた体格を生かしたストレートは最速148キロを誇る。

高校野球界のBIG4にも決して引けを取らない投手として一躍ブレイクの予感を漂わせる。

前投手にはある秘めた思いがある。野球部が2年前、夏の甲子園に初出場した際、当時投手として聖地のマウンドに立つ予定だった2歳上の兄が怪我で出場ができなかった。この兄の果たせなかった思いを胸に、センバツに乗り込む。

夏の甲子園で大ブレイクを果たした金足農業・吉田輝星の「ギアチェンジ」も参考とした。前投手は、135キロ前後、140キロ台前半、140キロ台後半と意図的に球速を変える。

夢はプロ入りも視野に入れる。19年年明けからは、地元中日ドラゴンズなど7球団のスカウトが視察。

スポンサー リンク