【結果一覧】春季近畿大会2023年⚡️智辯学園が優勝

近畿大会 高校野球 2023年

春季近畿大会 高校野球 2023年 特集!

【2023年 春季近畿大会 大会日程•出場校】
・日程:5月27日(土)〜6月4日(日)=決勝

・場所:大阪府|楽天トラベル(ホテル予約)

6月4日(日) 決勝戦

🌸[本日]各地の予定•結果宿泊(楽天トラベル)

13:00 金光大阪(大①) 0-10 智辯学園(奈①)(シ)
金光大阪 |000|000|000|=0
智辯学園 |250|100|02x|=10
=====================================
⭐️試合経過⭐️智辯学園が10-0で金光大阪に勝利し、2023年春季近畿大会V。先発した背番号6中山優月(3年)が9回を一人で投げ抜き、被安打4・四死球2・奪三振8・失点0・計130球の好投で、相手打線を完封。攻撃陣は計17安打。まず1回裏、切込隊長の1番松本大輝(3年)が2塁打で出塁すると、そのあと4番山崎漣音(3年)の2塁打で2点を先制。続く2回裏には、8番山家拓人(3年)が2塁打で出塁すると、ここから1番松本大輝(3年)の安打で1点、4番山崎漣音(3年)の安打で1点、5番高良鷹二郎(3年)の安打で1点、7番砥出隼介(3年)の安打で2点を奪って、この回一挙5点。その後、4回裏に内野ゴロから1点、終盤の8回裏には8番山家拓人(3年)のランニング2ラン本塁打で2点を追加し、10-0とした。敗れた金光大阪は、先発の背番号10織田拓見(2年)が1回1/3を投げ、その後は背番号11唐渡智大(2年)が残る6回2/3を粘投。攻撃陣は計4安打。4回表には、失策・安打・安打から1死満塁のチャンスを作るも好機をいかせず、試合を通じて得点が奪えなかった。※参考:夏の甲子園2023年 [スケジュール]




6月3日(土) 準決勝

🌸[本日]各地の予定•結果宿泊(楽天トラベル)

10:00 市立和歌山(和①) 3-10 智辯学園(奈①)(7)(シ)
市立和歌山|000|012|000|=3
智辯学園 |100|040|500|=10
=====================================
⭐️試合経過⭐️智辯学園が10-3(7回コールド)で市立和歌山に勝利。攻撃陣は計15安打。まず1回裏、失策で出た走者を犠打で送ると、3番中山優月(3年)の安打で1点を先制。同点に追いつかれた直後の5回裏には、安打・四球・死球から1死満塁のチャンスを作ると、4番山崎漣音(3年)の安打で2点(=勝ち越し)、6番近藤大輝(1年)の安打で1点、7番高良鷹二郎(3年)の安打で1点を奪い、5-1。その後、2点差に迫られて迎えた7回裏、3番中山優月(3年)が安打で出塁すると、4番山崎漣音(3年)の2塁打で1点、7番高良鷹二郎(3年)の2塁打で2点を追加。さらに、安打・四球から1死満塁のチャンスを作ると、1番松本大輝(3年)が2点タイムリーを放ち、7点差とした。投手陣は、背番号18青山輝市(2年)が5回を被安打3・四死球0・奪三振2・失点1と好投し、その後は背番号20楢林勇生(1年)・背番号1藤田健人(3年)が1回ずつを登板。打者では、4番山崎漣音(3年)と7番高良鷹二郎(3年)が共に4打数2安打3打点と活躍が光った。敗れた市立和歌山は、背番号1栗谷星翔(3年)が6回1/3を投げ、その後は背番号18奥地陸斗(2年)が登板。攻撃陣は計5安打。5回表に5番大江陸斗(3年)のソロ本塁打で1点、6回表に3番栗谷星翔(3年)の3塁打で2点を返して、中盤に追い上げを見せるも、終盤に再びビッグイニングを許した。


12:30 京都国際(京①) 5-6x 金光大阪(大①)(シ)
京都国際 |000|020|102|=5
金光大阪 |040|000|002|=6x
=====================================
⭐️試合経過⭐️金光大阪が6x-5(9回サヨナラ)で京都国際に勝利。攻撃陣は計9安打。まず2回裏、3連続安打から1死満塁のチャンスを作ると、8番越智哲平(3年)の安打で1点、9番松尾柊汰(3年)の安打で1点、2番中村颯生(3年)の安打で2点を奪い、この回ヒット6本を集めて一挙4点を先制。その後に猛追されて、土壇場の9回表に逆転を許して迎えた9回裏、先頭の8番越智哲平(3年)が安打で出塁し、9番松尾柊汰(3年)が死球を受け、無死1・2塁。続く、1番福冨龍之介(3年)がきっちりと犠打を決め、1死2・3塁のチャンス。ここで、代打に送られた松木翔汰(3年)が逆転サヨナラとなる2点2塁打を放ち、決着。投げては、背番号1キャリーパトリック波也斗(3年)が9回を被安打6・四死球4・奪三振4・失点5・計142球を力投した。敗れた京都国際は、背番号10松岡凜太朗(3年)が4回4失点、その後は背番号18中崎琉生(2年)・背番号1杉原望来(3年)が2回ずつを投げ、最終回は背番号11長水啓眞(3年)が登板。攻撃陣は計6安打。5回表に8番梶島天(3年)がこの日チーム初安打となる2塁打を放つと、内野ゴロで1点、2番澤田遥斗(2年)の安打で1点。7回表には、2番澤田遥斗(2年)の2塁打で1点を返して、1点差。9回表には、1番藤本陽毅(2年)の安打で1点を奪って同点に追いつくと、2番澤田遥斗(2年)の安打で一時は土壇場で勝ち越す粘りを見せるも、最後は競り負けた。打者では、2番澤田遥斗(2年)が4打数3安打3打点と活躍が光った。




5月28日(日) 1回戦

🌸[本日]各地の予定•結果宿泊(楽天トラベル)

10:00 近大附属(大③) 0-2 京都国際(京①)(シ)
近大附属 |000|000|000|=0
京都国際 |000|002|00x|=2
=====================================
⭐️試合経過⭐️京都国際が2-0で近大附属に勝利。先発した背番号1杉原望来(3年・みらい)が9回を一人で投げ抜き、被安打5・四死球6・奪三振9・失点0・計176球の力投で、相手打線を完封。攻撃陣は計8安打。互いに無得点のまま迎えた6回裏、2番澤田遥斗(2年)が安打で出塁すると、続く3番金沢玲哉(3年)が2塁打を放って1点を先制、さらに7番奥井颯大(2年)の強烈な内野安打から1点を追加し、この2点が決勝点に。敗れた近大附属は、背番号1市村篤史(3年)が6回を被安打7・四死球1・奪三振1・失点2と力投し、その後は背番号10有方祥互(3年)が登板。攻撃陣は計5安打(残塁11つ)を記録。中盤の4回表には1死満塁のチャンスを作るなど、好機の場面であと一本が出ずに最後まで得点が奪えなかった。


12:30 近江(滋①) 2-3 金光大阪(大①)(シ)
近江   |001|000|010|=2
金光大阪 |003|000|00x|=3
=====================================
⭐️試合経過⭐️金光大阪が3-2で近江に勝利。先発した背番号1キャリーパトリック波也斗(3年)が9回を一人で投げ抜き、被安打7・四死球4・奪三振6・失点2・計167球の力投で、チームに勝利を呼び込んだ。攻撃陣は計4安打も、少ない好機を確実にものにした。1点を先制された直後の3回裏、四球と失策で走者を出すと、3番キャリー(3年)の2塁打で1点、4番落合仁哉(3年)の安打で1点を奪い、2-1と逆転。さらに5番今北玲央(3年)の犠牲フライで1点を追加し、リードを広げた。敗れた近江は、背番号11西山恒誠(2年)が2回1/3を、背番号19中谷元祇(2年)が0回1/3を登板し、その後は3人目の背番号18河越大輝(2年)が残る5回1/3を被安打1・四死球2・奪三振2・失点0と好投。攻撃陣は計7安打。序盤の3回表、3塁打で出塁した7番中村駿介(2年)を8番塚脇柊太(3年)が犠牲フライで返して1点を先制。終盤の8回表には、3者連続四球から1死満塁のチャンスを作ると、その後2死満塁から7番中村駿介(2年)が安打で返して1点差。なお2死満塁の場面も追加点を奪うことができず、競り負けた。




5月27日(土) 1回戦

🌸[本日]各地の予定•結果宿泊(楽天トラベル)

10:00 報徳学園(兵①) 4-7 市立和歌山(和①)(シ)
報徳学園 |000|002|110|=4
市立和歌山|025|000|00x|=7
=====================================
⭐️試合経過⭐️市立和歌山が7-4で報徳学園に勝利。序盤に集中打でビッグイニングを作り、選抜準V校を撃破した。攻撃陣は計12安打。まず2回裏に7番藤井新(3年)の3塁打で1点、9番熊本和真(3年)の安打で1点を奪い、2点を先制。続く3回裏には、4番麹家桜介(2年)の安打で1点、1死満塁から8番小野莞都(3年)の安打で1点、9番熊本和真(3年)の安打で1点、1番宇治田隼士(2年)の安打で1点、2番田嶋優汰(3年)の犠牲フライで1点と、この回一挙5点を奪って7-0と大量リード。投手陣は、先発した背番号10小野莞都(3年・カント)が5回を被安打4・四死球0・奪三振3・失点0と好投し、その後は背番号17川本大輔(3年)が1回を、最後は背番号1栗谷星翔(3年)が残る3回を投げ、粘る相手を振り切った。敗れた報徳学園は、背番号10間木歩(2年)・背番号11星山豪汰(2年)・背番号16薮内玲緒(3年)・背番号1今朝丸裕喜(2年)の4投手が小刻みに継投し、4回以降は相手打線をヒット1本に抑え込んだ。攻撃陣は計10安打。まず、7点差を追う6回表に7番山増達也(3年)と8番竹内颯平(3年)の安打で2点を奪って反撃開始すると、7回表には4番石野蓮授(3年)の3塁打で1点、8回表には代打•齋藤佑征(2年)の犠牲フライで1点を返し、終盤に追い上げを見せるも序盤の大量失点が響いた。


12:30 智辯学園(奈①) 8-6 大阪桐蔭(大②)(シ)
智辯学園 |410|003|000|=8
大阪桐蔭 |011|110|110|=6
=====================================
⭐️試合経過⭐️智辯学園が8-6で大阪桐蔭に勝利。攻撃陣は計10安打。まず1回表、先頭の1番松本大輝(3年)が3塁打で出塁すると、その後に3番中山優月(3年)の安打で1点、5番池下春道(3年)の3塁打で2点、7番高良鷹二郎(3年)の安打で1点を奪い、一挙4点を先制。続く2回表には、1番松本大輝(3年)がソロ本塁打を放ち、5-0。その後、追い上げられて1点差で迎えた6回表、失策で出た走者を犠打で送ると、代打•佐坂悠登(2年)の安打で1点、相手暴投で1点、4番山崎漣音(3年)の犠牲フライで1点を追加し、計8得点。投手陣は、背番号1藤田健人(3年)が4回2/3を投げ、その後は背番号11巴田琉碧(2年)・背番号20楢林勇生(1年)・背番号10田中謙心(1年)が小刻みに継投し、最後残る2回は背番号6中山優月(3年)がマウンドにあがり試合を締めた。打者では、1番松本大輝(3年)が3塁打・ソロ本塁打・外野フライ・四球・2塁打と「サイクル安打」に迫る活躍を見せ、第1打席からチームを勢いづけた。敗れた大阪桐蔭は、背番号15安福拓海(2年)が1回4失点、背番号10平嶋桂知(2年)が5回4失点、その後は背番号14松井弘樹(3年)と背番号17藤井勇真(3年)が登板。攻撃陣は相手を上回る計16安打(残塁11つ)を記録。得点は、2回裏に9番平嶋桂知(2年)の安打で1点、3回裏に6番薮本一輝(3年)の3塁打で1点、4回裏に2番山田太成(3年)の2塁打で1点、5回裏に7番小川大地(3年)の犠牲フライで1点、7回裏と8回裏には内野ゴロから1点ずつを加点していくも、好機の場面で複数得点が奪えず、最後まで流れを呼び込めなかった。




[組み合わせ] トーナメント表

※地区:北海道東北関東東京東海
※地区:北信越近畿中国四国九州


【2023年 春季近畿大会 出場校一覧(順位)】
滋賀(1):①近江
京都(1):①京都国際
奈良(1):①智辯学園
和歌(1):①市立和歌山
大阪(3):①金光大阪大阪桐蔭近大附
兵庫(1):①報徳学園



[アンケート] 優勝候補•予想

🌸[本日]各地の予定•結果宿泊(楽天トラベル)

※アンケート回答:白ボタンから投票
※アンケート開始:5月18日(木)〜

春季近畿大会2023年 優勝予想アンケート

  • 大阪桐蔭(大阪2位) (21%, 187 Votes)
  • 智辯学園(奈良1位) (18%, 158 Votes)
  • 報徳学園(兵庫1位) (17%, 156 Votes)
  • 近江(滋賀1位) (14%, 124 Votes)
  • 金光大阪(大阪1位) (11%, 102 Votes)
  • 市立和歌山(和歌山1位) (9%, 76 Votes)
  • 京都国際(京都1位) (5%, 49 Votes)
  • 近大附(大阪3位) (5%, 41 Votes)

アンケート投票数: 893

Loading ... Loading ...

※事前のホテル予約:楽天トラベル[大阪府]

目次

🎟地区:北海道東北関東東京東海
🎟地区:北信越近畿中国四国九州

[全国各地] 大会日程・結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
=====================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 山梨 埼玉 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
=====================================
高校生の進路進学先全国「高校別」進路