【センバツ2019】龍谷大平安 野球部ベンチ入りメンバー・注目選手|優勝候補の一角

龍谷大平安 3年ぶり41回目

【大会後の特集号発売中】
第91回選抜高校野球大会総決算号 (週刊ベースボール別冊新緑号)
報知高校野球2019年5月号
輝け甲子園の星 2019年5月号(第91回選抜高校野球大会速報)

秋は京都大会3位。近畿大会決勝では、明石商業と延長12回、2死からの逆転サヨナラ勝ちで5年ぶりの優勝を果たし、選抜出場。

準々決勝/明豊に1x-0(11回サヨナラ負け)

平安000 000 000 00=0
明豊000 000 000 01=1
【明】寺迫、若杉、大畑
【平】橋本、野沢

明豊が龍谷大平安に延長11回サヨナラ勝ちで春夏を通じ初の4強進出。息詰まる投手戦に終止符を打ったのは“明豊の寮長”だった。0-0の延長11回裏2死満塁。打席には、11回表から一塁守備についた背番号15の後藤杏太。6球目をとらえ、サヨナラ打。すぐに右手を突き上げ、一塁ベースを回るとうれしい涙があふれてきた。

「自分が決めようという気持ちでした。サヨナラ打は人生初。打った瞬間に涙が出てきて…」とコメント。寮長の仕事は多い。朝はだれよりも早く起きて、起床の号令と点呼。夜は選手の携帯電話を集める。そんな仕事をいとわず、指導者の右腕となって働き、野球の練習にも打ち込んできた男が決めた。

龍谷大平安は、エース野澤秀伍が力投もサヨナラ打を打たれ敗戦。先発は背番号13の右腕・橋本幸樹だった。もともとは外野手として入学したが、原田監督が「ハシビッシュ」と呼び、期待をかける選手。「右がほしかった。橋本はいい球を投げる。甲子園でどれだけ躍動してくれるか」と準々決勝の舞台で先発を任せ、橋本は期待に応える好投をみせた。

投手は踏ん張ったが、完封負けが誤算だった。原田監督は「明豊さんはエース級が3人いた。何とか打開しないといけなかったんですが、点を取れなかった」と語った。

試合後のベンチ前。原田監督はエース左腕と2人きりになり、こう告げた。「よく投げてくれた。しっかりご飯を食べて、しっかり走り込んで、また夏に頑張ろう。一回り大きくなって、真のエースになろう」

【第9日 3月31日(日)準々決勝】
習志野 4-3 市和歌山 (みどころ)
龍谷大平安 0-1x 明豊 11回 (みどころ)
東邦 7-2 筑陽学園 (みどころ)
智弁和歌山 3-4x 明石商 (みどころ)
※開門時間:7時 第2試合 41,000人



2回戦/盛岡大付に9-1で勝利

龍谷大平安9-1盛岡大付(終了)
盛大000 010 000=1
平安300 003 21X=9
【平】野沢【盛】木内、阿部、大谷

龍谷大平安が盛岡大付に9ー1と快勝し、3年ぶりの8強入り。

エース野澤が強力打線からヒット12本を浴びるも、犠牲フライによる1点に抑え込んだ。打撃では、ヒット合計13本を放ち、着実に得点を重ねた。

盛岡大付は、1回戦・石岡一戦で155球、延長11回を投げきったエース阿部秀俊に代えて木内優成が先発。しかし初回に満塁ピンチを招くと、3失点。試合の流れを龍谷大平安に譲った。

【第7日 3月29日(金)】
札幌大谷1-2明豊 (結果)
盛岡大付1-9龍谷大平安 (結果)
筑陽学園0-0山梨学院 (結果
※開門時間:8時(=当日券発売)



初戦・津田学園/延長11回、奥村勝ち越し打

<3月25日・試合結果>
津田学園0-2龍谷大平安(延長11回)
平安000 000 000 02=2
津田000 000 000 00=0
【津】前 【平】野沢

龍谷大平安が津田学園を破り、京都勢の春夏通算甲子園200勝を達成。

龍谷大平安の左腕・野沢秀伍、津田学園の右腕・前佑囲斗の投手戦は、延長11回に決着。龍谷大平安はランナーを2塁に置いた場面で、4番の水谷主将が敬遠。続くバッター奥村真大(2年)が二塁打を放ち、勝ち越した。

津田学園の強力打線を龍谷大平安の野沢が4安打完封。

【第3日 3月25日(月)】
龍谷大平安 2-0 津田学園 11回 (結果)
石岡一 2-3x 盛岡大付 11回 (結果)
札幌第一 5-24 山梨学院 (結果)
※開門時間:8時 第1試合 18,000人


チームの特徴

【主な成績】
・京都府大会3位、近畿大会優勝
・明治神宮大会初戦敗退、優勝した札幌大谷に5-6で敗れた。

【チームデータ】
・部員数:63人(マネ2)
・8勝2敗[率].320[本]4[防]3.29[盗]20
・スポーツ紙評価:A・A・A
(日刊・スポニチ・サンスポ)

【投手力】
・ダブル左腕エースがチームの柱。秋に背番号11の野澤秀伍はセンバツでは1、秋に背番号1の豊田祐輔は背番号10に変更。130キロ台と球速はないが、変化球などキレあり。
・課題は守備、秋公式戦は10試合で14失格。秋以降守備練習を強化。

【打撃力】
・チームの柱は水谷祥平主将(背番号9)。打率.447、秋はチーム最多の13打点。ニックネームは「ぎょうざ」。

【トピックス】
・原田監督のチーム評価「技術はないが、元気、負けん気がある」と評する。
キーマンの奥村真大(2年)は、祖父・父・兄が甲子園出場。兄はヤクルトの奥村展征。甲子園一族。
・背番号4 北村涼 「学校ですれ違うと女子から北村君や!と言われています」と仲間。
・エース野澤は「まゆ毛が下がっていて目が細い」ことから、原田監督からは「おじいちゃん」とも呼ばれ、またチームメイトからは「じじぃ」のニックネームで親しまれる。


「スポンサーリンク」

センバツベンチ入りメンバー

【更新済1】公式ガイドブック(3月13日発売)から全出場校のベンチ入りメンバーを更新
【更新済2】直前登録メンバー変更を反映済み(3月18日発表)※赤字で記載

背番号 選手名 投/打 学年
出身中学/中学時代の所属チーム
1 野澤秀伍 左/左 3年
 岐阜・西可児/美農加茂リトルシニア
 打率.222/本塁打0/打点2(18打席)
2 多田龍平 右/右 3年
 奈良・富雄/南都ボーイズ
 打率.286/本塁打0/打点5(35打席)
3 三尾健太郎 右/左 3年
 和歌山・南部/南部リトルシニア
 打率.400/本塁打0/打点9(30打席)
4 北村涼 右/右 3年
 洛西/高槻リトルシニア
 打率.382/本塁打0/打点4(34打席)
5 奥村真大 右/右 2年
 滋賀・甲西/草津シニア
 打率.333/本塁打1/打点8(36打席)
6 羽切陸 右/右 3年
 静岡・曳馬
 打率.226/本塁打1/打点7(31打席)
7 半保和貴 右/右 3年
 長岡第三/高槻リトルシニア
 打率.300/本塁打0/打点6(30打席)
8 中島大輔 右/左 3年
 和歌山・早蘇/和歌山御坊ボーイズ
 打率.333/本塁打0/打点6(45打席)
9 水谷祥平 右/右 3年
 東輝/京都東山ボーイズ【主将】
 打率.447/本塁打2/打点13(38打席)
10 豊田祐輔 左/左 3年
 蜂ヶ岡
 打率.111/本塁打0/打点1(9打席)
11 村尾亮哉 右/右 2年
 城北
→(変更)橋本幸樹 右/右 3年
 愛媛・三津浜/愛媛ヤングラディアンツ
12 田島輝久 右/左 2年
 岐阜・各務原中央/チャレンジクラブ
 打率.00/本塁打0/打点0(0打席)
13 山崎憂翔 右/右 2年
 兵庫・駒ヶ林/神戸西リトルシニア
→(変更)橋本幸樹 右/右 3年
 太泰/京都嵐山ボーイズ
14 下野優真 右/右 3年
 樫原/京都ピュールヤング
 打率.-/本塁打-/打点-(-打席)
15 川谷優真 右/右 3年
 修学院/京都ブラックス
 打率.-/本塁打-/打点-(-打席)
16 西川史礁 右/右 2年
 和歌山・丹生/和歌山日高ボーイズ
 打率.-/本塁打-/打点-(-打席)
17 大國太陽 左/左 3年
 大阪・白鷺/松原ボーイズ
→(変更)長畑海飛 右/右 3年
 大阪・狭山南/大阪狭山ヤング
18 中嶋駿 右/左 3年
 岐阜・岐阜西/岐阜フェニックス
 打率.-/本塁打0/打点0(0打席)

【特集記事リスト】
▷組み合わせ日程/対戦カード
▷ドラフト候補・注目選手
▷選手名簿・ベンチ入りメンバー
▷チケット前売券・当日券
▷開幕直前の練習試合結果
▷高校球児の注目進路・進学先

「スポンサーリンク」

センバツ直前トピックス

【3月8日 練習試合】遠征先で沖縄水産と2試合を行い、4-2、6-7で1勝1敗。第1試合は左腕・野沢秀伍が完投し、原田英彦監督は「順調」と評価。また、ヤクルト奥村の弟、奥村真大(1年)が2試合とも5番三塁でフル出場し、通算7打数5安打2打点。また、4番・水谷(高校通算14本塁打)は、2試合目の1回1死二、三塁で先制の中犠飛。3回には1死一塁で右中間適時三塁打を放つ活躍。

【3月17日 練習試合】美濃加茂と練習試合を行い、4―2で勝利した。エース・野沢秀伍が8回を投げ、被安打3、毎回の13奪三振と好投。原田英彦監督は「3安打で13奪三振なら完封していないと。完封できれば本物のピッチャー」とコメント。

【3月19日 練習試合】大会前最後の練習試合を浦和学院と行い8-1で勝利。左腕・野沢秀伍が六回まで1失点の好投。水谷祥平主将も七回に本塁打の活躍。

「スポンサーリンク」

左腕・豊田祐輔 秋は背番号1

チームの大黒柱は、野沢秀伍と豊田祐輔のダブル左腕。

秋季大会で背番号1をつけたのは、豊田祐輔。チーム1の顔の大きさを誇ると言われ、メンバーからは「岩石」と親しまれているという。秋季近畿大会・天理戦で8回2/3を3失点の好投し、チームに勢いを与えた。

嵯峨野小2年から「嵯峨野シルバー」で始め、蜂ケ岡中では軟式野球部に所属。龍谷大平安では2年春からベンチ入り。最速は136キロ。球種はカーブ、スライダー、スプリット。180センチ、79キロ。左投左打。

左腕・野沢秀伍 秋は背番号11

秋季大会で背番号11を背負ったのは、野沢秀伍。最速138キロ、出どころがわかりにくいフォームから投げ込むタイプで、原田監督は「今まで指導してきた左腕ではトップクラス」と期待をかける

野沢は「まゆ毛が下がっていて目が細い」ことから、原田監督からは「おじいちゃん」とも呼ばれ、またチームメイトからは「じじぃ」というニックネームで親しまれている。

秋季大会の躍進では、野沢の好投が光った。秋季近畿大会決勝・明石商戦で、延長12回を1失点に抑えるなど、近畿大会は計26回で自責点は1、防御率0・35と好投。近畿大会王者へと導いた。

西可児中では「美濃加茂シニア」でプレー。龍谷大平安では2年春からベンチ入り。最速138キロ。球種はスライダー、カーブ、チェンジアップ。

新2年 奥村真大は甲子園一家

奥村真大(新2年生)は、祖父・父・兄が甲子園出場。兄はヤクルトの奥村展征、13年夏に日大山形で甲子園に。2018秋季近畿大会の準々決勝では、9回裏にサヨナラ打を放ち、春の「センバツ当確」を決める活躍を見せた。

【センバツ直前には手術】奥村真大(1年)は2019年1月9日に心臓付近のカテーテル手術を受け、14日に退院。「それまでは(練習で)苦しくなることもあったけど、今は全然大丈夫です」。現在は通常通りに練習に参加。

「スポンサーリンク」

センバツベンチ入りメンバー

【更新済】公式ガイドブック(3月13日発売)から全出場校のベンチ入りメンバーを更新

けが人などが出た場合は22日まで入れ替え可能。※変更の可能性あり

▷注目選手・ドラフト候補2019

札幌大谷(メンバー) 
札幌第一(メンバー) 
八戸学院光星(メンバー)
盛岡大付属(メンバー)
桐蔭学園(メンバー)
春日部共栄(メンバー)
習志野(メンバー)
山梨学院(メンバー)
国士舘 (メンバー)
横浜 (メンバー)
東邦(メンバー)
津田学園(メンバー)
星稜(メンバー)
啓新(メンバー)
龍谷大平安(メンバー)
明石商業(メンバー)
履正社(メンバー)
智弁和歌山(メンバー)
市立和歌山(メンバー)
福知山成美(メンバー)
広陵(メンバー)
米子東(メンバー)
高松商業(メンバー)
松山聖陵(メンバー)
市立呉(メンバー)
筑陽学園(メンバー)
明豊(メンバー)
日章学園 (メンバー)
大分(メンバー)
石岡第一(メンバー)
富岡西(メンバー) 
熊本西(メンバー)

「スポンサーリンク」

優勝候補アンケート募集中

※1月29日午後12時からアンケート開始※
※投票は一人1回まで※

【受付中】センバツ優勝候補はどこだ!

  • ↓白ボタンからあなたの意見を投票↓

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

スポンサー リンク