【結果一覧】秋季北信越大会2023年⚡️星稜が優勝

北信越大会 高校野球 2023年

秋季北信越大会 高校野球 2023年 日程 速報 結果

【2023年 秋季北信越大会 大会日程•出場校】
🌸選抜センバツ出場枠=2(従来どおり)
    +明治神宮大会枠=1 →計「3
・日程:10月14日(土)〜10月23日(月)=決勝
・場所:福井県|楽天トラベル(ホテル予約)
・場所:福井県営(県)・フェニックス(P)・三国(三)
・中継:インターネット生中継予定など
・全国:本日の試合予定・結果 [全国一覧]
・過去:昨秋北信越大会の結果 [直近結果]
🌸地区:北海道東北関東東京東海
🌸地区:北信越近畿中国四国九州

[まとめ] センバツ2024 選出理由

[日程結果大会展望注目選手選手名簿ランキング]

🌸センバツ選出理由:昨秋の北信越大会に続き、明治神宮大会も星稜が制したため、「神宮大会枠」で1枠増となった。星稜は最初に選ばれた。左腕・佐宗翼、右腕・道本想と好投手を擁し、攻守に安定した力を持っていると高く評価された。続いて、北信越大会準優勝の敦賀気比が選ばれた。エース左腕の竹下海斗は緩急の使い方がうまく、試合を作る安定感がある。3校目はベスト4の北陸と日本航空石川を比較した。両校の力は拮抗していたが、最終的に蜂谷逞生、猶明光絆と1年生の好投手を有して大型打者もおり、北信越大会準決勝で敦賀気比に延長タイブレークの末、1点差負けした日本航空石川を選んだ。



10月23日(月) 決勝戦

10:00 敦賀気比(福③) 0-1x 星稜(石①)(10)(県)
敦賀気比 |000|000|000|0 =0
星稜   |000|000|000|1 =1x
=====================================
⭐️試合経過⭐️
先発は、敦賀気比が背番号1竹下海斗(2年)、星稜が背番号11道本想(1年)。1回表、敦賀気比は安打2本から2死1・3塁も無得点。5回裏、星稜は安打2本で2死1・2塁も無得点。8回表、敦賀気比は死球で出た走者を犠打で送り、1死2塁のチャンス。ここで星稜は2人目の背番号1佐宗翼(2年)に交代し、後続を断つ。9回終了時点でヒットは、敦賀気比6本、星稜5本。10回表、敦賀気比は犠打を決めて、1死2・3塁も得点できず。10回裏、星稜は犠打で送って1死2・3塁。続く7番専徒大和(2年)は四球を選んで、1死満塁。このあと、8番佐宗翼(2年)は空振り三振に倒れるも、2死満塁から代打・中島幹大(2年)が外野の頭を越えるサヨナラ打を放ち、決着!星稜が1x-0(10回TB)で勝利し、優勝。北信越王者として明治神宮大会へ出場!【◆◆活躍メモ◆◆】星稜は、先発の背番号11道本想(1年・そう)が7回1/3を被安打6・四死球1・奪三振4・失点0と好投し、その後は背番号1佐宗翼(2年・サソウツバサ)が2回2/3を被安打0・四死球0・奪三振3と好救援。敦賀気比は、エース竹下海斗(2年)が前日の準決勝に続き、2試合連続で延長10回を投げ抜き、被安打6・四死球1・奪三振8・計113球と力投が光った。



[アンケート] あたなが選ぶ北信越3校目は?

🌸選抜センバツ出場枠=2(従来どおり)
    +明治神宮大会枠=1 →計「3

あなたが選ぶ「北信越3校目」は?

アンケート結果を見る

Loading ... Loading ...

🌸地区:北海道東北関東東京東海
🌸地区:北信越近畿中国四国九州


※アンケート回答:白いボタンから投票
※アンケート開始:11月20日(月)〜



10月22日(日) 準決勝

10:00 敦賀気比(福③) 4-3 航空石川(石②)(10)(県)
敦賀気比 |210|000|000|1 =4
航空石川 |000|000|300|0 =3
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、敦賀気比が背番号1竹下海斗(2年)、航空石川が背番号1蜂谷逞生(1年)。1回表、敦賀気比は安打2本で走者を出すと、3番野道諒彌(2年)の内野ゴロで1点、6番中森昂(2年)の安打で1点を奪い、2点を先制。2回表、敦賀気比は2番西口友翔(2年)の安打で1点を追加し、3-0。3回表から航空石川は2人目の背番号19川俣謙心(2年)に交代。5回終了時点でヒット数は、敦賀気比10本、航空石川1本。7回表途中から航空石川は3人目の背番号15眞殿大暉(2年)に交代。7回裏、航空石川は死球・安打・安打から1死満塁とし、1番加藤一翔(2年)の安打で2点、3番河田拓斗(2年)の安打で1点を奪い、3-3の同点。8回表から航空石川は4人目の背番号20深井颯馬(2年)に交代。10回表、敦賀気比は2番西口友翔(2年)が犠打を決めると、3番野道諒彌(2年)が犠牲フライを放って、4-3と勝ち越し。10回裏、航空石川は1死満塁も得点できず。敦賀気比が航空石川に4-3(延長10回TB)で勝利し、決勝進出!【◆◆活躍メモ◆◆】敦賀気比は、背番号1竹下海斗(2年)が延長10回を一人で投げ抜き、被安打7・四死球5・奪三振7・失点3・計134球と力投。攻撃陣は計11安打を放ち、
2番西口友翔(2年)が4打数3安打1打点、8番小久保稀世斗(三)が4打数4安打と活躍が光った。


12:30 星稜(石①) 6-1 北陸(福①)(県)
星稜   |000|400|200|=6
北陸   |010|000|000|=1
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、星稜が背番号1佐宗翼(2年)、北陸が背番号1竹田海士(2年)。2回裏、北陸は6番谷嵜朋史(2年)が2塁打で出塁すると、7番澤田大地(2年)の安打で1点を先制。4回表、星稜は安打・四球・安打から1死満塁とし、フィルダースチョイスから1点、7番専徒大和(2年)の安打で1点、8番佐宗翼(2年)の内野ゴロで1点、9番濱田大聖(1年)の安打で1点を奪い、4-1と逆転。7回表、星稜は安打2本で走者を出すと、5番服部航(1年)の安打で1点、6番能美誠也(1年)の安打で1点を奪い、6-1と突き放す。このあと北陸は2人目の背番号8鳴海凱斗(2年)に交代。さらに8回表から北陸は3人目の背番号6井黒晃佑(2年)に交代。星稜が6-1で北陸に勝利し、決勝進出!【◆◆活躍メモ◆◆】星稜は、背番号1佐宗翼(2年・サソウツバサ)が9回を一人で投げ抜き、被安打5・四死球3・奪三振10・失点1・計157球と力投。攻撃陣は計11安打を記録。中でも2番中谷羽玖(2年・ハク)は、
4回表・7回表の集中打の起点となるヒットを放つなど、5打数3安打の活躍でチーム勢いづけた。



10月15日(日) 準々決勝(1/2)

12:00 敦賀気比(福③) 11-5 帝京長岡(新②)(10)(P)
敦賀気比 |100|000|022|6 =11
帝京長岡 |001|020|002|0 =5
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、敦賀気比が背番号1竹下海斗(2年)、帝京長岡が背番号1茨木佑太(2年)。1回表、敦賀気比は3番野道諒彌(2年)の安打で1点を先制。3回裏、帝京長岡は3番渡邉侑耶(2年)の安打で1点を返し、1-1。5回裏、帝京長岡は2番木村昂暉(2年)の2塁打で1点、4番茨木佑太(2年)の安打で1点を奪い、1-3と勝ち越し。7回裏途中から敦賀気比は2人目の背番号7丹尾好誠(2年)に交代し、1死満塁のピンチをしのぐ。8回表、敦賀気比は内野ゴロから1点、7番丹尾好誠(2年)の安打で1点を奪い、3-3の同点。9回表、敦賀気比は1番岡部飛雄馬(1年)が3塁打で出塁すると、2番西口友翔(2年)の安打で1点(勝ち越し)、5番竹下海斗(2年)の犠牲フライで1点を追加し、5-3。9回裏、帝京長岡は4番茨木佑太(2年)の2ラン本塁打で5-5の同点に追いつき、タイブレークへ。10回表から帝京長岡は2人目の背番号13ショーコウ•ソ(台湾出身・2年)に交代。10回表、敦賀気比は先頭の7番丹尾好誠(2年)がセーフィバントを決めて無死満塁のチャンスを作ると、ここから8番小久保稀世斗(2年)の安打で1点、9番嘉村幸太郎(2年)の2塁打で3点を追加。ここで帝京長岡は3人目の背番号11林慶太朗(1年)に交代。さらに敦賀気比は失策から1点、3番野道諒彌(2年)の3塁打で1点を奪い、11-5。10回裏、敦賀気比は背番号1竹下海斗(2年)が再びマウンドへあがり、得点を許さず。敦賀気比が11-5(延長10回TB)で帝京長岡に勝利! 【◆◆活躍メモ◆◆】計19安打を放った敦賀気比は
、終盤に脅威の粘りと集中打が光った。2人目としてマウンドにあがった背番号7丹尾好誠(2年)は7回裏のピンチを凌いだほか、バットでは8回表に同点打、10回表には先頭打者としてセーフティを決めて無死満塁の好機を演出するなど投打で活躍。一方の帝京長岡では、背番号1茨木佑太(2年)が3回〜7回までの5イニングを2安打に抑える力投を見せたほか、土壇場9回裏には同点2ランを放つなど、エースで4番の力を存分に発揮した。


14:00 航空石川(石②) 13-6 関根学園(新③)(7)(県)
航空石川 |310|800|100|=13
関根学園 |113|000|100|=6
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、航空石川が背番号1蜂谷逞生(1年)、関根学園が背番号10鈴木興丞(1年)。1回表、航空石川は4番荒牧拓磨(2年)の安打で1点、ボークから1点、7番冬木蓮太郎(2年)の安打で1点を奪い、3点を先制。1回裏、関根学園は4番篠原颯太(2年)の安打で1点を返し、3-1。2回表、航空石川は5番竹中清真(2年)の犠牲フライで1点を追加し、4-1。2回裏、関根学園は9番西戸航希(2年)のスクイズで1点を返し、4-2。3回表から関根学園は2人目の背番号1佐伯大和(2年)に交代。3回裏、関根学園は安打・失策・四球から無死満塁のチャンス。ここで航空石川は背番号19川俣謙心(2年)に交代。このあと関根学園は、5番片桐優(2年)の安打などから3点を奪い、4-5と逆転。直後の4回表、航空石川は押出四球で1点、6番久々江翔吾(2年)の安打で2点、7番冬木蓮太郎(2年)の安打で1点を奪い、8-5。ここで関根学園は3人目の背番号11深町正眞(2年)に交代。さらに航空石川は、8番川俣謙心(2年)の安打で1点を追加。ここで関根学園は4人目の背番号19池田悠斗(2年)に交代。このあと、航空石川は押出四球×2つで2点、3番河田拓斗(2年)の犠牲フライで1点を追加し、12-5。7回表、航空石川は代打・段日向樹(2年)の安打で1点を追加し、13-5。7回裏から航空石川は3人目の背番号11猶明光絆(1年)に交代。7回裏、関根学園は3番小林隆太朗(2年)の安打で1点を返し、13-6。航空石川が13-6(7回コールド)で関根学園に勝利! 【◆◆活躍メモ◆◆】計14安打の猛攻をしかけた航空石川打線では、背番号18のリードオフマン加藤一翔(2年)が1回表に先頭で2塁打を放って流れを呼んだほか、一挙8点を奪った4回表には先頭として四球を選ぶなど、この試合では6打席中4打席で出塁し、攻撃陣を引っ張る活躍が光った。




10月15日(日) 準々決勝(2/2)

14:30 敦賀(福④) 0-10 星稜(石①)(5)(P)
敦賀   |000|000000|=0
星稜   |020|080000|=10
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、敦賀が背番号1長谷川冬聖(2年・とあ)、星稜が背番号11道本想(1年・そう)。2回裏、星稜は四球・安打・失策から1死満塁のチャンスを作ると、
8番中島海翔(2年)の犠牲フライで1点、9番道本想(1年)の安打で1点を奪い、2点を先制。5回裏、星稜はこの回先頭の9番道本想(1年)がヒットで出塁すると、その後、3番萩原獅士(2年)の安打で2点、4番服部航(1年)の安打で1点、6番能美誠也(1年)の3塁打で2点、7番中島幹大(2年)の安打で1点を奪い、0-8。ここで敦賀は2人目の背番号10須藤叶(2年・かなた)に交代。さらに星稜は、9番道本想(1年)の安打で1点、押出四球で1点を追加し、10点差とした。星稜が10-0(5回コールド)で敦賀に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】星稜は、主将やエースが体調不良となる中、先発した背番号11道本想(1年・そう)が5回を被安打2・四死球0・奪三振5・失点0と好投し、自らバットではチーム最多の3打数3安打2打点と投打で躍動し、次週行われる準決勝へチームを導いた。


16:30 北陸(福①) 1-0 都市大塩尻(長②)(県)
北陸   |000|100|000|=1
都市大塩尻|000|000|000|=0
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、北陸が背番号6井黒晃佑(2年・イグロコウスケ)、都市大塩尻が背番号1城倉琉衣(2年)。4回表、北陸は死球と安打で走者を出すと、ここで7番澤田大地(2年)の安打で1点を先制(これが決勝点に)。5回終了時点でのヒット数は、北陸が5本、都市大塩尻が0本。北陸の先発・背番号6井黒晃佑(2年)は、5回終了時点までノーヒットピッチング。迎えた6回裏、都市大塩尻は2死から2番横田然(2年)がこの試合チーム初安打となる2塁打を記録。9回裏、1点を追う都市大塩尻は1死から3番金子柚貴(2年)が安打&盗塁を決めて、1死2塁のチャンスを作るも、後続が続かずゲームセット。北陸が1-0で都市大塩尻に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】北陸は、背番号6井黒晃佑(2年・イグロコウスケ)が、9回を一人で投げ抜き、被安打3(6回2死まで無安打)・四死球3・奪三振4・失点0・計128球で完封。一方、都市大塩尻のエース城倉琉衣(2年)も、9回を投げ抜き、被安打7・四死球2・奪三振3・失点1・計127球と好投。ナイターゲームにも関わらず、両チームともに好守備(ファインプレーetc)が光り、いずれもノーエラーで投手陣を支え、引き締まった好ゲームを演出した。




10月14日(土) 1回戦(1/3)

09:00 上田西(長①) 1-5 敦賀気比(福③)(県)
上田西  |001|000|000|=1
敦賀気比 |011|200|01x|=5
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、上田西が背番号10石田優之介(1年)、敦賀気比が背番号1竹下海斗(2年)。2回裏、敦賀気比は4番濵谷輝(2年)が2塁打で出塁すると、その後に6番中森昂(2年)のスクイズで1点を先制。3回表、上田西は1番清水正吾(1年)の安打で1点を返し、1-1。3回裏、敦賀気比は死球・安打・四球から2死満塁とし、押出四球から1点を追加し、1-2と勝ち越し。4回裏、敦賀気比は四球・死球で走者を出すと、2番西口友翔(2年)の2塁打で2点を追加し、1-4。ここで上田西は2人目の背番号11宮澤秀明(1年)に交代。6回裏から上田西は3人目の背番号1百瀬太貴(1年)に交代。8回裏から上田西は4人目の背番号17宮下泰征(2年)に交代。この回、敦賀気比は2番西口友翔(2年)の安打で1点を追加し、1-5と突き放す。敦賀気比が5-1で勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】敦賀気比の攻撃陣は、計10安打(上田西は計4安打)。中でも、
2番西口友翔(2年)は5打数3安打3打点と躍動。投げては、背番号1竹下海斗(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打4・四死球1・奪三振4・失点1・計113球と好投が光った。


09:00 高岡第一(富③) 0-7 帝京長岡(新②)(8)(P)
高岡第一 |000|000|000|=0
帝京長岡 |020|021|020|=7
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、高岡第一が背番号1大門穂高(2年)、帝京長岡が背番号1茨木佑太(2年)。1回表、高岡第一は1死満塁のチャンスを作るも無得点。2回裏、帝京長岡は四球と安打で走者を出すと、7番井野元爽生(1年)の安打で1点、相手失策から1点を奪い、2点を先制。5回裏、帝京長岡は8番宗悠斗(1年)が安打で出塁すると、1番山野陽(1年)のスクイズで1点、3番渡邉侑耶(2年)の2塁打で1点を追加。6回裏、帝京長岡は四球・失策・安打から1死満塁とし、代打・富山大翔(2年)の安打で1点を追加。6回表から帝京長岡は2人目の背番号13ショーコウ•ソ(台湾出身・2年)に交代。高岡第一は、7回裏からは2人目の背番号14川口逞(2年)、8回裏から3人目の背番号16森下睦大(2年)、8回裏途中から4人目の背番号19高原陽彩(1年)に交代。8回裏、帝京長岡は安打・四球・安打から1死満塁のチャンスを作ると、3番渡邉侑耶(2年)の安打で2点を奪い、7点差とした。帝京長岡が7-0(8回コールド)で高岡第一に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】帝京長岡は、背番号1茨木佑太(2年)と背番号13ショーコウ•ソ(台湾出身・2年)が共に好投して完封リレー。攻撃陣は計11安打(高岡第一は計4安打)を放ち、中でも3番渡邉侑耶(2年)は5打数2安打3打点と勝負強い打撃が光った。


10:00 航空石川(石②) 3-1 福井商業(福②)(三)
航空石川 |020|000|010|=3
福井商業 |000|001|000|=1
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、航空石川が背番号1蜂谷逞生(1年)、福井商業が背番号1木下大和(2年)。2回表、航空石川は失策・四球で走者を出すと、相手失策から1点、9番北岡颯之介(2年)のスクイズで1点を奪い、2点を先制。6回表から福井商業は2人目の背番号10前川清太(2年)に交代。6回裏、福井商業はヒット2本で走者を出すと、4番松宮諒治(2年)の安打で1点を返し、2-1。終盤の8回表、航空石川は5番久々江翔吾(2年)の安打で1点を追加して、3-1と引き離す。9回表から福井商業は3人目の背番号11若泉漣斗(1年)に交代。航空石川が3-1で福井商業に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】航空石川は、わずかヒット
4本(福井商業は7本)にとどまるも、好機を確実にものにした。投げては、背番号1蜂谷逞生(1年・ハチタニタクマ)が9回を一人で投げ抜き、被安打7・四死球3・奪三振3・失点1・計114球と好投が光った。



10月14日(土) 1回戦(2/3)

11:30 北陸(福①) 5-4 小松大谷(石③)(県)
北陸   |103|000|010|=5
小松大谷 |001|000|003|=4
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、北陸が背番号1竹田海士(2年)、小松大谷が背番号1西川大智(2年)。1回表、北陸は3番小矢宙歌(2年)の犠牲フライで1点を先制。3回表、北陸は2番鳴海凱斗(2年)の2塁打で1点、3番小矢宙歌(2年)の2ラン本塁打(大会第1号)で2点を追加。3回裏、小松大谷は2番山本晴輝(2年)の2塁打で1点を返す。5回裏、小松大谷は2塁打・四球・安打から1死満塁も無得点。7回裏、小松大谷は安打・死球・安打から1死満塁も無得点。8回表から小松大谷は2人目の背番号10古川陽一朗(2年)に交代。8回表、北陸は6番谷嵜朋史(2年)の2塁打で1点を追加。8回裏から北陸は2人目の背番号6井黒晃佑(2年)に交代。9回裏、小松大谷はヒット2本で走者を出すと、ここから6番森田朔哉(2年)の2塁打で1点、相手失策から1点、8番古川陽一朗(2年)の犠牲フライで1点を奪い、5-4と1点差に迫るも及ばず。北陸が5-4で小松大谷に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆
北陸は、先発の背番号1竹田海士(2年)が7回を投げて被安打11・四死球4を与えながらも、1失点と粘投。攻撃陣は11安打を記録し、中でも3番小矢宙歌(2年)は2ラン本塁打を含む3打数2安打3打点の活躍を見せ、序盤に流れを引き寄せた。一方、計14安打(残塁14つ)を放った小松大谷では、4番田西称(1年)と5番西川大智(2年)が共に3安打と活躍をみせた。


11:30 関根学園(新③) 2-1 高岡商業(富①)(P)
関根学園 |000|000|020|=2
高岡商業 |000|000|100|=1
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、関根学園が背番号10鈴木興丞(1年)、高岡商業が背番号1三上亮汰(2年)。2回表、関根学園は四球・安打・四球から2死満塁のチャンスを作るも無得点。7回表、関根学園は四球・フィルダースチョイス・失策から無死満塁のチャンスを作るも無得点。7回裏、高岡商業は6番黒田俊哉(2年)が2塁打で出塁すると、8番辻口侑磨(2年)の安打で1点を先制。8回表、関根学園は5番片桐優(2年)が2塁打で出塁すると、6番谷島優輝(2年)の3塁打で1点、7番大平慈温(2年)の3塁打で1点を奪い、2-1と逆転。8回裏、高岡商業は死球・安打から無死1・3塁のチャンスも無得点。関根学園が2-1で高岡商業に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】関根学園は、先発した
背番号10鈴木興丞(1年)が9回を一人で投げ抜き、被安打5・四死球4・奪三振9・失点1・計112球と好投。対する高岡商業の背番号1三上亮汰(2年)も、9回を投げ抜き、被安打7・四死球5・奪三振5・失点2・計120球と力投をみせた。


12:30 都市大塩尻(長②) 10-7 富山北部(富②)(10)(三)
都市大塩尻|001|100|003|5 =10
富山北部 |000|000|014|2 =7
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、都市大塩尻が背番号11冨山信希(2年)、富山北部が背番号1福山天輝(2年)。3回表、都市大塩尻は相手失策から1点を先制。4回表、都市大塩尻は6番伊藤雄大(2年)の2塁打で1点を追加。5回裏から都市大塩尻は2人目の背番号1城倉琉衣(2年)に交代。8回裏、富山北部は相手失策から1点を返して、2-1。9回表、都市大塩尻は8番黒澤寛大(2年)の安打で1点、代打・金井佑太朗(2年)の安打で1点、相手暴投から1点を奪い、5-1と突き放す。9回裏から都市大塩尻は3人目の背番号10高橋玲雄(2年)に交代。土壇場で4点を追う富山北部は、四球・安打・四球から2死満塁のチャンスを作ると、押出四球で1点を返し、5-2。ここで都市大塩尻は4人目の背番号19小林将也(1年)に交代。さらに富山北部は、押出四球で1点を返すと、2死満塁から2番大野晃(2年)の安打で2点を奪い、5-5の同点。10回表から富山北部は、2人目の背番号3瀬戸晴空(2年)に交代。10回表、都市大塩尻は代打・岩渕大飛(2年)の2塁打で2点を奪い、7-5と勝ち越し。さらに2つの四球から1死満塁とし、ここで7番横田然(2年)の走者一掃となる2塁打で3点を追加し、10-5。10回裏、富山北部は5番俣本陽輝(2年)の安打で2点を奪うも、反撃はここまで。都市大塩尻が10-7(延長10回TB)で富山北部に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】計11安打を放った都市大塩尻では
10回表に勝ち越し2点2塁打を放った代打・岩渕大飛(2年)、一方の富山北部では9回裏に同点打を放った2番大野晃(2年)が、共に勝負強い打撃をみせた。



10月14日(土) 1回戦(3/3)

14:00 星稜(石①) 9-3 松商学園(長③)(県)
星稜   |213|100|020|=9
松商学園 |000|011|010|=3
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、星稜が背番号11道本想(1年)、松商学園が背番号18原田滉大(2年)。1回表、星稜は1番吉田大吾(2年)が2塁打で出塁すると、その後に相手失策から1点、さらに相手失策から1点を奪い、2点を先制。2回表、星稜は死球で走者を出すと、7番中島幹大(2年)の安打で1点を追加。ここで松商学園は2人目の背番号1櫻井直道(2年)に交代。3回表、星稜は四球と安打で走者を出すと、6番能美誠也(1年)の3ラン本塁打で6-0と突き放す。4回表、星稜は死球で走者を出すと、2番中谷羽玖(2年)の2塁打で1点を追加。
一方の松商学園は、5回裏に6番伊東大和(2年)の2塁打で1点、6回裏に4番羽生田流夷(2年)の安打で1点を返す。8回表、星稜は7番中島幹大(2年)の安打に相手失策も絡み1点、さらに相手失策から1点を追加し、9-2。8回裏、星稜は2人目の背番号17戸田慶星(1年)に交代。8回裏、松商学園は5番漆戸琉晟(2年)の安打で1点を返し、9-3。9回裏、松商学園は四球・四球・安打から1死満塁のチャンスを作るも、無得点に終わる。星稜が9-3で松商学園に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】星稜は、背番号11道本想(1年)と背番号17戸田慶星(1年)の1年生コンビが計13安打を浴びるも、バックがノーエラーでカバーした。対する松商学園は、失策5を記録するなど序盤から流れを譲った。攻撃陣は計13安打と活発で、3安打を放った6番伊東大和(2年)を筆頭に計4人が複数安打をマークした。


14:00 敦賀(福④) 2-1 日本文理(新①)(P)
敦賀   |200|000|000|=2
日本文理 |000|000|100|=1
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、敦賀が背番号1長谷川冬聖(2年・とあ)、日本文理が背番号1丸山慶人(2年)。1回表、敦賀は死球・四球で走者を出すと、4番林和弥(1年)の安打で1点、6番大竹俊輔(2年)の安打で1点を奪い、計2点を先制。
その後、6回裏途中から敦賀は、2人目の背番号10須藤叶(2年・かなた)に交代。7回裏、日本文理は失策で出た走者を犠打で送ると、1番本田愁聖(2年)の安打で1点を返し、2-1と1点差に迫る。9回表から日本文理は2人目の背番号10倉石健亮(2年)に交代。9回裏、守る敦賀は先頭打者に四球を出すと、ここで背番号1長谷川冬聖(2年)が再びマウンドへ上がり、後続を断つ。敦賀が2-1で日本文理に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】敦賀は、先発した背番号1長谷川冬聖(2年・とあ)が最終回の再登板を含めて計6回を被安打4・四死球6・奪三振5・失点0・計104球と力投し、中継ぎした背番号10須藤叶(2年・かなた)も計3回を被安打2・四死球2・失点1と好投し、初回のリードを最後まで守り抜いた。対する日本文理の背番号1丸山慶人(2年)も、8回を被安打4・四死球3・奪三振7・失点2・計130球と好投が光った。



[組み合わせ日程] トーナメント

🌸地区:北海道東北関東東京東海
🌸地区:北信越近畿中国四国九州


【出場校一覧】※福井4校(開催)、他3校
長野(3):①上田西 ②都市大塩尻 ③松商学園
新潟(3):①日本文理 ②帝京長岡 ③関根学園
富山(3):①高岡商業 ②富山北部 ③高岡第一
石川(3):①星稜 ②日本航空石川 ③小松大谷
福井(4):①北陸 ②福井商業 ③敦賀気比 ④敦賀



[アンケート] 優勝候補•予想

秋季北信越大会2023年 優勝予想アンケート

アンケート結果を見る

Loading ... Loading ...

🌸地区:北海道東北関東東京東海
🌸地区:北信越近畿中国四国九州


※アンケート回答:白いボタンから投票
※アンケート開始:2023年10月1日(日)
🌸今日の高校野球楽天トラベル(ホテル予約)

目次

[全国] 各地の試合日程・結果など

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
=====================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
=====================================
高校生の進路進学先全国「高校別」進路