《立正大淞南》野球部メンバー2021年⚡️秋季中国大会

立正大淞南 野球部メンバー 2021年

立正大淞南 野球部メンバー 2021年 特集!

⚡️2021年秋季中国大会 登録選手⚡️
==守備・名前・投打・学年・出身中学==
01 井上雄輝  右/右 2年 成瀬台
02 谷川翔太  右/右 2年 安来二
03 福島迅   右/左 2年 安来二
04 田中康生  右/右 2年 深井
05 引野龍心  右/右 2年 東出雲
06 興梠フェリペ ケンゾウ 右/右 2年アウローラ
07 福島脩太  右/左 2年 湖東
08 坂川尚仁  右/左 1年 国泰寺
09 前原柊斗  右/右 2年 三良坂
10 小坂純輝  左/左 2年 甲田
11 持田翔秀  右/左 2年 松江四
12 森田悠仁  右/右 2年 三原二
13 福島悠生  右/左 2年 松江四
14 竹内昴航  右/右 1年 千代田
15 清水タデウ健次 右/右 2年 カントリー・キッズ
16 中西一颯  右/右 2年 落合
17 古川魁人  右/右 2年 倉敷一
18 福島崇太朗 右/右 2年 河合二

⚡️特集ページ:中国大会の日程・結果



秋季中国大会2021年 戦歴結果

⚡️特集ページ:中国大会の日程・結果

立正大淞南(島①) 8-0 岩国商業(山③) (山) ※初戦
立正大淞南|101|002|013|=8
岩国商業|000|000|000|=0

=========================
⭐️試合総評⭐️立正大淞南が岩国商業に8-0で勝利。立正大は、チーム計12安打を記録して序盤・中盤・終盤に得点を重ねた。まず1回表に4番谷川の犠牲フライで1点、3回表に4番谷川のスクイズ&失策から1点、6回表に代打に送られた清水タデウ健次の3塁打で1点、1番福島の安打で1点、8回表に相手暴投から1点、9回表に6番前原のスクイズで1点、7番坂川の安打で1点、9番持田の安打で1点を奪った。投げては、背番号10小坂が5回を被安打5・四球3・奪三振5と好投、背番号11持田が4回を被安打2・四死球0・奪三振7と好投し、岩国商業打線を完封リレーした。打っては、3番福島が4打数3安打、4番谷川が3打数2安打1打点と中軸がチャンスを作った。敗れた岩国商業は、2番田中が4打数3安打と唯一複数安打を記録するも、チームは計7安打で無得点に終わった。



秋季島根県大会2021年 戦歴結果

⚡️特集ページ:島根県大会の日程・結果

【立正大淞南の戦歴|秋季島根県大会1位】
——2次戦——————————————
・決勝   :立正大淞南 3-2 出雲西
・準決勝  :立正大淞南 7-4 益田東
・準々決勝 :立正大淞南 7-0 島根中央(7)

・1回戦  :立正大淞南 12-2 三刀屋 
——1次戦——————————————
・代表決定戦:立正大淞南 24-0 浜田商業(5)

秋季中国大会2021年 出場校一覧

========================================
・秋季地区大会:北海道 東北 関東 東京 東海
・秋季地区大会:北信越 近畿 中国 四国 九州
========================================
岡山(3):①倉敷工業  ②岡山学芸館  ③創志学園
広島(3):①広島商業  ②尾道商業   ③広陵
鳥取(3):①鳥取商業  ②倉吉総合産業 ③米子西
島根(3):①立正大淞南出雲西    ③益田東
山口(4):下関国際  ②宇部商業
山口(4):岩国商業  ④宇部工業 ※開催地4校



[過去]2021年春季中国大会メンバー

⚡️2021年春季中国大会登録メンバー⚡️
[背番号 名前 投打 学年 出身中学校]
01 持田翔秀  右/左 2年 松江四
02 谷川翔太  右/右 2年 安来二
03 満田稔弥  右/左 3年 湖南
04 中野耀   右/左 3年 和田山
05 興梠フェリペ ケンゾウ 右/右 2年 アウローラ
06 外間進之介 右/右 3年 美里
07 島袋雄陽  右/左 3年 豊見城
08 藤田大吾  右/左 3年 大田一
09 山田力輝  右/右 3年 泉ヶ丘東
10 本田琉斗  右/右 3年 美原
11 森迫勇翔  右/左 3年 高西
12 田中翔平  右/右 3年 明治池
13 重栖立樹  左/左 3年 五箇
14 福島悠生  右/左 2年 松江四
15 田中康生  右/右 2年 深井
16 福島脩太  右/左 2年 湖東
17 小坂純輝  左/左 2年 甲田
18 新地大河  左/左 3年 北谷



[戦歴]2021年春季中国大会

6月6日(日) 下関国際 9-2 立正大淞南 ※準決勝
下関国際|000|122|004|=9
立正大淞南|000|100|100|=2
投手:下関国際=松尾勇汰
投手:立正大淞南=持田翔秀→本田琉斗→新地大河
—————————————-
[試合結果] 下関国際が9-2で立正大淞南に勝利し、決勝進出。中盤以降に得点を重ね、計16安打9得点。打っては、2番松本竜之介が4打数3安打、4賀谷が4打数3安打2打点、8番赤瀬が5打数3安打1打点と活躍。投げては、先発の背番号18 松尾勇汰が9回を完投(122球)し、被安打8・四死球2・奪三振5と好投した。

[試合経過] 先発は、下関国際が背番号18 松尾勇汰、立正大淞南が背番号1 持田翔秀。3回終了まで、下関国際の松尾は被安打1・四死球0・奪三振2、立正大の持田は被安打1・四死球1・奪三振2と好投。4回表、下関国際は先頭2番の松本が2塁打で出塁すると、4番賀谷の2塁打で1点を先制。対する立正大は4回裏、2番山田・4番谷川がヒットで出塁するなどし1点を返す。下関国際は4回表、1番仲井が安打で1点、3番守の安打で1点を奪い、3-1と勝ち越し。立正大は6回途中から2番手 背番号10 本田琉斗に交代。 下関国際は6回表、6番片桐のタイムリーで1点、さらに1死満塁から9番松尾のスクイズで1点を追加し、5-1。7回裏、立正大は2番山田のタイムリーで1点を返す。9回表、立正大は無死1・3塁のピンチを招くと、ここで3番手として背番号18 新地大河に交代。下関国際は4番賀谷の安打で1点、7番水安の3塁打で2点、8番赤瀬の安打で1点を追加し、9-2とした。


6月5日(土) 立正大淞南 9-1 鳥取商業(8回コ) ※1回戦
立正大淞南|000|520|020|=9
鳥取商業|000|100|000|=1
投手:立正大淞南=持田→高田→本田
投手:鳥取商業=浦田→長谷川→山根→岩﨑
—————————————-
[試合結果] 立正大淞南が鳥取商業に9-1(8回コールド)で勝利。4回表にヒット6本などで5得点、5回には1番藤田大吾が2ラン本塁打を放つなど、鳥取商業の4投手から計13安打9得点で大勝した。

[試合経過] 先発は、両チームともに背番号1。立正大淞南は持田・鳥取商業は浦田。4回表、立正大は3連打で無死満塁のチャンスを作ると、1番藤田の犠牲フライで1点、2番山田の安打で1点、3番島袋の内野ゴロの間に1点、4番谷川の安打で1点を加え、4点を先制。さらに2死満塁から7番外間の安打で1点を奪い、一挙5点を先制。一方の鳥取商業は、4回裏に4番山本のタイムリーで1点を返す。5回表、鳥取商業は2番手として背番号11 長谷川に交代。5回表、立正大は1番藤田大吾が2ラン本塁打を放ち、7-1。6回裏から立正大は、背番号16 高田に交代。7回表から鳥取商業は3人目の背番号18 山根に交代。8回表、立正大は4番谷川の2塁打で1点、6番中野の安打で1点を加え、9-1とした。8回表途中から鳥取商業は4人目の背番号9 岩﨑に交代。8回裏、立正大は3人目の背番号10 本田に交代し試合を締めた。

◆2021年春季島根大会の戦歴・結果
・決勝戦  立正大淞南 3-1 浜田
・準決勝  立正大淞南 11x-10 大田
・準々決勝 立正大淞南 10-0 出雲北陵(6)
・1回戦  立正大淞南 10-0 出雲商業(5)

島根県の高校球児 進路・進学先 

島根県
石見智翠館 開星 益田東 三刀屋 大社
立正大淞南 出雲 浜田 矢上 島根中央