【甲子園2018】木更津総合ベンチ入りメンバー選手名簿|打率成績・注目選手など | 第100回記念大会

【甲子園2018】東千葉代表 木更津総合(3年連続7回目)

今春の県大会を制し、関東大会で4強入り。「打力はここ10年で最も上」と五島監督が言うように破壊力のある打線が武器だ。
打線の中心となるのが、1番・東、中軸の山中、野尻。投手陣はエース・右腕 白井を筆頭に、根本・篠木らの層が厚い。
昨年から三塁手の野尻も投手として育て、3試合21回を投げ20奪三振を記録。投手たちを支える堅実な守備も光る。

2018年夏 | 木更津総合ベンチ入りメンバー

背番号 選手 学年 打率 身長 体重 投打
1 野尻 幸輝 3年 .476 178 78 右左
2 山中 稜真 3年 .417 176 72 右左
3 大久保 貴揮 3年 .400 178 70 右右
4 大曽根 哲平 3年 .118 165 55 右右
5 小池 柊稀 2年 .286 174 66 右右
6 神子 瑞己 3年 .409 170 62 右左
7 神山 竜之介 3年 .474 168 64 右左
8 東 智弥 3年 .417 172 70 右右
9 太田 翔梧 2年 .400 170 72 右右
10 白井 竜馬 3年 .400 178 74 右右
11 根本 太一 2年 .667 180 78 右右
12 篠木 健太郎 1年 – 175 66 右左
13 高橋 京 3年 .000 183 72 右右
14 ★比護 涼真 3年 – 171 60 右右
15 古川 玲央 2年 – 165 60 右右
16 田中 斗暉也 3年 .333 168 62 右右
17 松山 大成 3年 .500 176 78 右右
18 冨島 琉汰 3年 – 172 67 右右
主将は★印。打率は地方大会の成績。

「スポンサーリンク」

2018年 | 東千葉大会試合結果

※日程 回戦 対戦 試合結果

7月14日 2回戦
成東 12-5

7月16日 3回戦
検見川 6-0

7月18日 4回戦
千葉北 8-0

7月21日 準々決勝
千葉商 5-0

7月23日 準決勝
東海大市原望洋 9-2

7月25日 決勝
成田 10-2

スポンサー リンク