《選手名簿》木更津総合 野球部メンバー 2020年

木更津総合 野球部ベンチ入りメンバー

2020年の秋季関東大会に出場する木更津総合 野球部のベンチ入りメンバーを特集!

【木更津総合のチーム紹介】
秋季千葉大会1位。3回戦では拓大紅陵に6-2で勝利、準々決勝は優勝候補の一角・八千代松蔭に8-1(7回コールド)で勝利。決勝戦は、東京学館との接戦をものにし、5x-4(9回サヨナラ)で夏の独自大会に続いて千葉県王者に。

エース・島田舜也(2年)がチームの大黒柱。身長183センチの大型右腕で、自己最速は144キロを誇る。また控えの越井楓一郎(1年)は最速142キロのストレートが武器で、投手層は厚い。

代替大会で優勝した夏のエースで最速150キロを誇る篠木健太郎(3年・大学進学予定)が打撃投手を務めて、打力を強化。毎試合打点を挙げた山中海斗主将(2年)が鍵を握る。また、3番・大井太陽(1年)は決勝戦でサヨナラ打を放つなど活躍をみせた。

【背番号・名前・投打・学年】
01 島田舜也  右右 2年 
02 中西祐樹  右右 1年 
03 村岡泰地  右左 2年 
04 古川世那  右右 2年 
05 菊地弘樹  右右 1年 
06 大西智也  右左 2年 
07 大井太陽  右右 1年 
08 山中海斗  右左 2年 
09 秋元俊太  右左 2年 
10 越井颯一郎 右右 1年 
11 金綱伸悟  右右 1年 
12 神子史温  右右 2年 
13 伊豆七海  右左 2年 
14 山田隼   右右 1年 
15 細野峻矢  右左 1年 
16 田頭拓樹  右右 2年 
17 大久保達希 右右 1年 
18 植木瑠斗  右右 1年
責任教師:青山茂雄
監督:五島卓道  




秋季関東大会の戦歴・試合結果

10月27日(火) 常総学院(茨2) 9-1 木更津総合(千1) 初戦
常総学院|000|002|304|=9
木更津総合|000|000|001|=1
投手:常総学院=秋本、木更津総合=島田→越井→金綱
————————————————
常総学院が木更津総合の投手陣にヒット計17安打を浴びせ、9-1で勝利。センバツ出場が有力に。試合序盤は両エースの力投と好守でスコア0が続く展開となったが、6回に常総学院が均衡を破る。ヒットと四球で2死1・2塁のチャンスを作ると、9番・中村が2塁打を放ち2点を先制。さらに7回表には、2連打と四球で1死満塁のチャンスを作ると、6番のキャプテン田邊の左中間フェンス直撃ヒットで1点、8番・太田和のライト前タイムリーで1点、投手暴投で1点を追加し、5-0。9回表には1死から3連打で満塁とすると、内野ゴロの間に2点、2番・伊藤のタイムリーで1点、3番・三輪のタイムリーで1点をあげ、9-0とした。常総学院のエース秋本璃空は、8回を投げ7安打2四球4奪三振の力投で木更津総合打線を無失点に抑え、試合の流れを引き寄せた。木更津総合は、エース島田舜也が7回を投げて11安打6死四球で5失点、続く越井も9回に4点を奪われた。



千葉県出場チームの戦歴・試合結果

【千葉(3枠)】秋季千葉大会の結果

①木更津総合の戦歴・試合結果・チーム紹介
・決勝戦 木更津総合 5x-4 東京学館
・準決勝 木更津総合 6-1 千葉英和
・準々決勝 木更津総合 8-1 八千代松陰(7)
・3回戦 木更津総合 6-2 拓殖大紅陵
・2回戦 木更津総合 11-1 市立銚子(7)
・1回戦 木更津総合 7-0 市立松戸(7)

②東京学館の戦歴・試合結果・チーム紹介
・決勝戦 東京学館 4-5x 木更津総合
・準決勝 東京学館 6-3 専大松戸
・準々決勝 東京学館 11-7 成田
・3回戦 東京学館 6-5 千葉経大附
・2回戦 東京学館 9-2 志学館
・1回戦 東京学館 12-3 磯辺(7)

③専大松戸の戦歴・試合結果・チーム紹介
・3位決定戦 専大松戸 9-1 千葉英和(7)
・準決勝 専大松戸 3-6 東京学館
・準々決勝 専大松戸 7x-6 千葉学芸(16)
・3回戦 専大松戸 8-0 幕張総合(8)
・2回戦 専大松戸 7-0 長狭(8)
・1回戦 専大松戸 1-0 市立千葉(10)