《選手名簿》英明 野球部メンバー 2021年

英明 野球部 メンバー 2021年

英明 野球部 メンバーを特集!2021年春季四国大会におけるベンチ入りメンバー[学年・出身中学]および春季県大会における戦歴・結果は、以下の通り。

[背番号 名前 投打 学年 出身中学校]
01 石河大空  右/左 3年 古高松
02 河野斗海  右/右 3年 直島
03 池本生   右/左 2年 勝賀中
04 徳永光希  右/左 2年 大三輪中
05 倉谷歩輝  右/右 2年 玉手中
06 細川颯貴  右/右 2年 屋島中
07 安西洸晟  右/右 2年 三木中
08 逢澤杏哉  右/右 2年 広中央
09 吉峰隼翔  左/左 3年 木太
10 寒川航希  左/左 2年 三木中
11 大筆仁   右/右 2年 八下中
12 仁木千聖  右/左 2年 小松島南中
13 黒田椋介  右/右 3年 寝屋川市立第六
14 沖津東   右/左 3年 阿南第二
15 石原虎次朗 右/右 2年 大手前高松中
16 松吉一心  右/右 3年 海陽
17 杉田亮   右/右 3年 太田
18 尾山光   右/右 2年 勝浦中
19 渡辺虎次朗 右/右 2年 志度中
20 安藤一城  右/左 2年 古高松中
※春季四国大会の日程・結果



春季四国大会の戦歴・結果 2021年

4月24日(土) 英明 4-9 聖カタリナ学園 ※1回戦
英明・・・|022|000|000|=4
聖カタリナ|020|220|03x|=9
投手:英明=石河→寒川
投手:聖カタリナ=仲田→堀越→櫻井
———————————-
聖カタリナ学園が9-4で英明に勝利。合計15安打を放ち、中盤・終盤で英明を突き放した。先発の仲田は2回4失点も、2番手の堀越が3回を被安打2・無失点、6回からはエース櫻井が4回を被安打2・無失点と好投した。《試合経過》英明は2回表、6番仁木の3塁打で1点、内野ゴロの間に1点を追加し、2-0と先制する。2回裏、聖カタリナは7番上田の犠牲フライで1点、9番仲田のタイムリー3塁打で同点に追いつく。3回表、英明は1番逢澤の2塁打で1点、内野ゴロで1点を追加し4-2と勝ち越す。4回裏、聖カタリナは1番足達の3塁打で4-4の同点とする。5回裏、聖カタリナは7番上田の3塁打で2点を挙げ、6-4と勝ち越す。この後6回表から聖カタリナはエース櫻井がマウンドへ。8回裏、聖カタリナは2番田代の2塁打で1点、3番高岡の安打で2点を追加し、9-4と試合を決めた。



春季香川大会の戦歴・結果 2021年

◆2021年春季香川大会の戦歴・結果
・決勝戦 英明 7-1 藤井
・準決勝 英明 9-6 高松商業
・準々決勝 英明 9-0 香川中央(7)
・2回戦 英明 5-0 高松東
・1回戦 英明 15-0 高松桜井(5)

◆2020年秋季香川大会の戦歴・結果
・決勝戦 英明 5-6 藤井学園寒川
・準決勝 英明 8-6 高松商業
・準々決勝 英明 14-0 香川高専高松(7)
・2回戦 英明 9-0 多度津(7)
・1回戦 英明 10-0 善通寺一(5)



春季四国大会 高校野球 2021年

【2021年 春季四国大会 日程・開催県】
・日程:4月24日(土) 25日(日) 5月1日(土)
・会場:香川(レクザム、レグザム丸亀)
・宿泊:香川のホテルを予約(楽天トラベル)
・組み合わせ抽選会:4月23日(金)
・観戦:一般入場不可、関係者のみ入場可能
・出場校一覧(8チーム=各県2チーム
 香川:①英明、②藤井
 徳島:①鳴門、②徳島商業
 愛媛:①新田、②聖カタリナ学園
 高知:①明徳義塾、②高知
 ※愛媛:順位決定戦が中止=抽選で順位決定



直近の四国大会での成績・戦歴

秋季四国大会の戦歴・結果 2020年

10月25日(日) 英明 0-5 明徳義塾 ※準々決勝
英明・・|000|000|000|=0 
明徳義塾|011|000|30x|=5
——————————————————–
(英明)石河―河野
(明徳義塾)代木―加藤
・3塁打:代木(明)
・2塁打:井上、山蔭(明徳義塾)

——————————————————–
明徳義塾が5-0で香川1位の英明に完封勝利した。先制したのは明徳義塾。2回裏に9番・梅原のタイムリーで1点を先制すると、3回裏には2死満塁から押出を選び1点を追加。膠着状態が続いて迎えた7回裏には、前の打者が敬遠され勝負打者となった7番・エース代木が3塁打を放ち2点を追加、さらに8番・山蔭のタイムリーで1点を挙げ、5-0。明徳義塾のエース代木は、被安打5・8奪三振・1死球の完封。県大会では4試合を完投し自責点1(高知高校との決勝戦1試合目で与えた1点のみ)の力を、四国大会でも見せた。

10月24日(土) 英明 7-0 徳島北 (8回コ)※1回戦
英明|100|014|0100|=7 
徳島北|000|000|0000|=0
————————————————
(英明)石河、寒川-河野
(徳島北)秋元-荒木
・3塁打:徳永(英明)
・2塁打:逢沢、池本(英明)
————————————————
英明が徳島北に7-0(8回コールド)で勝利。英明は2点リードして迎えた6回表、4番・池本生(1年)の2塁打で1点、6番の徳永光希(1年)の3塁打で1点、7番・細川颯貴(1年)の内野安打で1点、さらに9番・石河大空(2年)のタイムリーで1点を奪い、この回4点を挙げて、6-0とリードする。さらに8回表には、失策で出塁した走者を犠打で進め、1番・倉谷歩輝(1年)のタイムリーで7-0。投げては、エース石河大空(2年)が6回を2安打無死四球、2番手・寒川航希(1年)が2回を1安打1四球と徳島北打線を抑え込んだ。打っては、倉谷・池本・徳永・細川の1年生が7打点中6打点を挙げるなど躍動した。

香川の高校球児 進路・進学先 

香川県
高松商業 大手前高松 尽誠学園 英明 寒川
三本松 丸亀 高松南 坂出商業 丸亀城西
四国学院大香川西 志度 観音寺一