【夏の甲子園】八戸学院光星 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

八戸学院光星 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

▶︎八戸学院光星:2020年春卒業生の進路特集!

背番号・名前・学年・出身中学
1 山田怜卓(3年)寺戸(京都)
2 太山皓仁(3年)加美南(大阪)
3 近藤遼一(3年)桜井西(奈良)
4 伊藤大将(3年)寝屋川九(大阪)
5 下山昂大(3年)弘前四(青森)
6 武岡龍世(3年)鴨島一(徳島)<主>
7 大江拓輝(3年)若江(大阪)
8 島袋翔斗(3年)古蔵(沖縄)
9 原瑞都(3年)片塩(奈良)
10 横山海夏凪(3年)広徳(長野)
11 渡辺太楼(3年)吉原一(静岡)
13 丸山雄哉(3年)富雄(奈良)
14 大野僚磨(3年)道仏(青森)
15 道江勇斗(3年)貝塚二(大阪)
16 後藤丈海(3年)城陽(大阪)
17 川上亘輝(3年)奥戸(東京)
18 澤波大和(3年)平群(奈良)



八戸学院光星チーム紹介

青森:八戸学院光星(私立)2年連続10度目

<地方大会のチーム成績>
全6試合 失点9 打率.425
本塁15 盗塁3 失策2

◉チームの特長:青森大会では、チーム本塁打数が驚異の「15本」(決勝では4本)。打率4割2分5厘と、その強打は健在。小園海斗を彷彿とさせる武岡龍世主将(坂本2世の異名も)、「一番いいバッターを3番に」の仲井監督の起用に応え、3番・近藤遼一が6発、青森大会で5発の4番・原瑞都などスラッガーが揃う。

これまで背番号1の後藤丈海が夏の大会中に右ひじ違和感で登板回避。甲子園では背番号101の山田怜卓がエース番号を背負う。また、青森山田戦で1失点完投の左腕・横山海夏凪(みなぎら)ら他の投手陣にも注目だ。仲井監督は「(春の初戦で青森山田に負けて)そこから立て直し、チームプレーに徹してきた。夏はいいチームになった」と自信を見せる。

◉学校紹介:1956年(昭31)創立の私立校。生徒数は933人(女子462人)。野球部は学校創立と同時に創部され部員数は100人(マネジャー11人含む)。甲子園出場は春10度、夏も10度目。11年夏から甲子園3季連続準優勝。主なOBは巨人坂本勇人、ロッテ田村龍弘、阪神北條史也ら。所在地は青森県八戸市湊高台6の14の5。小野崎龍一校長。

スポンサー リンク