【夏の甲子園】八戸学院光星 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

八戸学院光星 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号・名前・学年・出身中学
1 山田怜卓(3年)寺戸(京都)
2 太山皓仁(3年)加美南(大阪)
3 近藤遼一(3年)桜井西(奈良)
4 伊藤大将(3年)寝屋川九(大阪)
5 下山昂大(3年)弘前四(青森)
6 武岡龍世(3年)鴨島一(徳島)<主>
7 大江拓輝(3年)若江(大阪)
8 島袋翔斗(3年)古蔵(沖縄)
9 原瑞都(3年)片塩(奈良)
10 横山海夏凪(3年)広徳(長野)
11 渡辺太楼(3年)吉原一(静岡)
13 丸山雄哉(3年)富雄(奈良)
14 大野僚磨(3年)道仏(青森)
15 道江勇斗(3年)貝塚二(大阪)
16 後藤丈海(3年)城陽(大阪)
17 川上亘輝(3年)奥戸(東京)
18 澤波大和(3年)平群(奈良)



八戸学院光星チーム紹介

青森:八戸学院光星(私立)2年連続10度目

八戸光星
<地方大会のチーム成績>
全6試合 失点9 打率.425
本塁15 盗塁3 失策2

◉チームの特長:青森大会では、チーム本塁打数が驚異の「15本」(決勝では4本)。打率4割2分5厘と、その強打は健在。小園海斗を彷彿とさせる武岡龍世主将(坂本2世の異名も)、「一番いいバッターを3番に」の仲井監督の起用に応え、3番・近藤遼一が6発、青森大会で5発の4番・原瑞都などスラッガーが揃う。




これまで背番号1の後藤丈海が夏の大会中に右ひじ違和感で登板回避。甲子園では背番号101の山田怜卓がエース番号を背負う。また、青森山田戦で1失点完投の左腕・横山海夏凪(みなぎら)ら他の投手陣にも注目だ。仲井監督は「(春の初戦で青森山田に負けて)そこから立て直し、チームプレーに徹してきた。夏はいいチームになった」と自信を見せる。

◉学校紹介:1956年(昭31)創立の私立校。生徒数は933人(女子462人)。野球部は学校創立と同時に創部され部員数は100人(マネジャー11人含む)。甲子園出場は春10度、夏も10度目。11年夏から甲子園3季連続準優勝。主なOBは巨人坂本勇人、ロッテ田村龍弘、阪神北條史也ら。所在地は青森県八戸市湊高台6の14の5。小野崎龍一校長。



八戸学院光星 7-6 海星 8月16日(3回戦)

八戸学院光星は14年夏以来の8強進出を決めた。

海星は初回、八戸学院光星の先発・横山海夏凪を攻め、1死二塁で4番高谷艦太の三塁強襲安打がタイムリーとなり先制。その後も連打でこの回3点を奪った。

これに対し、八戸学院光星はその裏、近藤遼一が海星の先発・柴田蓮人から今大会2本目となる2試合連続の本塁打を右翼ポール際に運び1点を返した。さらに3回には太山晧仁のソロなどで3点を奪い逆転に成功。4回にも2点を加点して6-3とリードを広げた。

3点を追う海星は6回、八戸学院光星の3番手・山田怜卓を攻め1点を返しなお2死二、三塁から、大串祐貴の2点適時打で同点に追いついた。

八戸学院光星は6-6で迎えた9回1死満塁、下山昂大の中前サヨナラ打で試合を決めた。



八戸学院光星 10-8 智弁学園 8月12日(2回戦)

2年連続10度目出場の八戸学院光星(青森)が、3年ぶり19度目出場の智弁学園(奈良)を破り、3回戦進出。

1回表に青森大会6本塁打の近藤遼一が先制ソロ。3回には武岡龍世がライナー本塁打。さらに、近藤がタイムリーで加点し、智弁学園先発の小畠一心(1年)を降板させた。

5回裏に、先発した横山海夏凪(みなぎ)の暴投で1点を失う。しかし、6回表には、横山や近藤のタイムリーなどで追加点を挙げる。

一方、智弁学園は6回裏に坂下翔馬の二塁打を皮切りに、前川右京(1年)の右前適時打で反撃開始。1死後に3連続四死球で押し出し。さらに塚本大夢、前川のタイムリーなどで一挙7点を奪い、逆転。

八戸学院光星は8回に追いつくと、9回2死満塁で沢波が一塁手強襲の2点適時内野安打で勝ち越した。



八戸学院光星9-0誉 8月6日(1回戦)

3季連続甲子園出場の八戸学院光星(青森)が初出場の誉(愛知)を破り、夏は9大会連続で初戦を突破。

八戸学院光星は1回、武岡龍世(3年)が死球で出塁。2死満塁から「6番三塁」下山昂大(3年)が令和第1号となる左越え満塁アーチを放って4点を先制。

4回には、武岡の右前適時打で1点、6回に武岡の中堅フェンス直撃の適時三塁打と近藤遼一内野手(3年)の右犠飛で2点を加え、着実にリードを広げた。

<青森勢60勝 春夏通じて全国60勝。夏47勝目、センバツでは13勝を挙げており、47都道府県で35番目の到達>



(参考)センバツ/八戸学院光星 3年ぶり10回目

甲子園への出発日は、3月11日とした。出発に際し、八戸学院光星・仲井宗基監督は「夢の甲子園を夢見ることもできなかった選手たちがいたと思う。自分たちには東北のそういう子たちの思いも全て背負い戦う義務がある」と語り、聖地へと向かった。

センバツでの八戸学院光星の応援には、アルプススタンドに京都廣学館高校の吹奏楽部が友情応援として駆けつける。

センバツ初戦、広陵に2-0で敗れる

八戸学院光星0-2広陵
光星000 000 000=0
広陵000 020 00X=2
【広】河野(150、3安打8K)
【光】後藤

広陵・エース河野佳が、今大会2人目(1人目は奥川)の150キロを計測するなど、秋公式戦打率.357を誇る八戸学院光星打線を3安打に抑え完封。

八戸学院光星の先発・後藤丈海は2回の無死満塁を無得点に抑えるなど、2回から6回まで毎回先頭打者の出塁を許す苦しい展開ながら、粘りの投球。しかし、打線は河野に抑えられ、一本が出なかった。

【第4日 3月26日(火)】
福知山成美 2-3 筑陽学園 (結果)
八戸学院光星 0-2 広陵 (結果)
富岡西 1-3 東邦 (結果)
※開門時間:8時 第2試合 29,000人



センバツ・チームの特徴

【主な成績】
・青森大会優勝、東北大会優勝
・神宮大会8強( 7-3東邦、6-9高松商業)

【チームデータ】
・部員数:60人(マネ2)
・9勝1敗
・[率].357[本]7[防]2.36[盗]16
・スポーツ紙評価:B・A・A
(日刊・スポニチ・サンスポ)

【打撃力】
・打撃力があり、チーム打率は.357、平均得点数は7.80といずれも出場校中5番目。
・3番の武岡龍世・4番の近藤遼一はともに4割越え。近藤はチーム最多20得点を誇る。
・注目選手は「坂本2世」と呼ばれる武岡龍世(主将・背番号6)。徳島出身。50mは5秒9の俊足、中学校では陸上部に所属し100mで県2位。秋の公式戦では盗塁8を記録し、出場選手中6位。

【投手力】
・投手陣の柱は、エース後藤丈海。秋は全53回を投げ、防御率は1.70と好成績。投手陣は冬場、球速10キロアップを目標にトレーニング。

【トピックス】
沖縄出身の島袋翔斗(背番号8)。小学生時代は、沖縄出身でありながら、東京ヤクルトスワローズジュニアに所属しキャプテン。50m5秒9の俊足。沖縄・中学時代には、陸上100メートル走で那覇地区大会で2位。11秒5の好記録で県大会でも上位。



武岡龍世=坂本2世の異名

「坂本2世」と呼ばれる男がいる。彼の名前は、武岡龍世(主将)。

巨人・坂本や阪神・北條らの「攻撃的遊撃手」を輩出してきた名門のショートを任される走攻守の3拍子揃った選手。徳島県出身である。入学した1年生の春から遊撃手として先発。仲井監督は「こんな早い時期に1年生を試合で使うのはここ数年記憶がない」と評価。足

もある。50メートルは5秒9の俊足。中学校では陸上部に所属し、100メートルで県2位に輝く。

注目の4番は近藤遼一

4番を務める男、近藤遼一。秋季青森大会は15打数10安打11打点、東北大会は18打数8安打8打点と活躍。「県大会のいい調子を維持できた」と近藤が振り返ったように全試合で安打を放つ活躍。

夏の青森大会でも5番に入るなど強打が売りも、甲子園ではメンバー外となった。仲井宗基監督も「夏の悔しさがあって成長した選手。長打力に加えて、勝負強さや粘り強さがついてきた」と評価した。奈良・桜井市生まれ。

スポンサー リンク